中華の夜

f0121181_23184087.jpg
OLYMPUS E-30 & SIGMA 30mm F1.4 EX DC/HSM



シャッタースピード 1/160
絞り F2.2
撮影モード プログラム
露出補正値 -0.7EV
感度 ISO200
焦点距離 30mm(35mm換算60mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


先日の撮影ではシグマの30mm一本勝負で臨みました。(念のため14-54も持ち出しましたが、結局使わなかったので…)
久々にこのレンズを持ち出しましたが、やはり面白い。
収差の影響でAFポイントが端に寄れば寄るほどピント精度が下がったり、ピント面が均一でないので画面全体をきっちりかっきり引き締めるには1段くらい絞り込まないとダメだったり、ZDに比べてしまうと寄れなかったりと決して優秀なレンズではありませんが、開放での柔らかくてどこかレトロな描写、絞り込んだ時の単焦点らしいきっちりした描写は使いこなすほどに面白い。
あらゆるシーンで最良の描写が得られるZDと違って、使い方次第で良くも悪くもなるので、ある種レンズに挑戦状を突きつけられているようで、まああまり常用したいレンズとは言い難いですが、ZDと違った意味で楽しいレンズです。

フォーサーズではこういうレンズを探すほうが難しいですからね~…
貴重な存在かもしれないです。

by ki_ex | 2009-05-18 00:28 | スナップ | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/11090057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ikasama-photo at 2009-05-18 00:57
私はSTFの挑戦状を受けて立ってはみたものの、
かなり打ち込まれています(笑)
Commented by ki_ex at 2009-05-19 00:34
>ikasama-photoさん
STFは難しそうですよね~
実際、私も使ったら打ち込まれそうです。(笑)
Commented by ikasama-photo at 2009-05-20 11:43
でもたまーにこちらが打ち込めた!と思う時は、
やっぱりいいんですよねー(笑)
Commented by ki_ex at 2009-05-21 00:17
>ikasama-photoさん
わかります。^^
難しいレンズほどその時の感動はひとしおですよね~…