f0121181_23554721.jpg
OLYMPUS E-30 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5



シャッタースピード 1/40
絞り F4.5
撮影モード 絞り優先
露出補正値 +0.3EV
感度 ISO100
焦点距離 31mm(35mm換算62mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


今朝は雪でもないのに外を見たら霜で真っ白でした。
寒い日が続きますね~…
咲き始めた梅も、このまま咲いていいものかどうか迷っているようにも感じます。

基本的に私はスポーツ観戦は嫌いではないのですが、どういうわけか今回のバンクーバーオリンピックを見る気が起きません。
なぜかな~…と考えてみたのですが、おそらくは、このところのスポーツの世界的な大会で見られる、どこか右傾化したような「ニッポン!ニッポン!」的な雰囲気がそうさせているような気がします。
特にここ最近は、日本全体に閉塞感が漂っているからなのか、そうした傾向が強いような気がして、なんとも気持ち悪いというか…
私と同じ日本人が世界の舞台で活躍する姿は確かにうれしいことではあるし、同じ日本人として誇りに感じるところではありますが、今の雰囲気はそれとはまた違うように感じるのですよね~…
本来であれば、スポーツは国と国との戦いなどではなく、鍛え上げたスポーツ選手同士の戦いであると思うのですが、あたかもまるで戦争の代替え品のごとく騒ぎ立てるマスコミに辟易としているのもあるかもしれません。

そんな中、なんとも後味の悪いニュースを目にしてしまいました。

腰パン問題で不条理なバッシングを受けながらも、見事スノーボードハーフパイプで8位入賞を果たした国母選手のご両親がインタビューに対し平身低頭、ひたすら頭を下げていたそうな。

いやいやいやいや…ちょっと待て。
お父さん、お母さん、謝る必要なんかこれっポッチもないですよ~
息子さん、流血しながらも見事入賞したじゃないですか~
謝らなきゃいけないのは騒ぎ立てた連中とそれを面白おかしく取り上げたマスコミですから~


大体にして、朝青龍の問題でもそうだけど、品格とか日本代表の自覚だとか、そんな飯の種にもならないようなもんで勝てるほどスポーツの世界はあまっちょろいのか?
そんなことを言っているからいつまでたってもサッカーはお隣韓国に勝てもしないし、オリンピックでもメダルが獲得できないのではないのか?

スポーツは結果が全ての世界。
どんなに地位や名誉を得た人でも努力を怠れば振い落されるし、どんなに無名な人でも努力と才能を磨き上げた人は頂点に立つことができる。
それは、おおよそ政治的な有利不利を除けば、全ての人にチャンスとして平等に与えられているはずで、だからこそ見る人に感動を与えてくれるわけで、少なくともそこに品格だの自覚だのが挟まれる余地はないはずである。

そもそも、「国の代表としての自覚」とか言っているけれど、軍隊じゃあるまいし、いつからスポーツ選手は国の代表になったんだ?
例えば、日本の総理大臣がG7の会合に腰パンで出席したら、それこそ「国の代表として自覚がない!」と叫ぶのは当然のことだけども、それは、総理大臣が間接的とはいえ選挙で国民によって文字通り「国の代表」として選ばれた人だから当然の事だ。

だけども、オリンピックの選手たちは彼ら自信の努力によって好成績を納め、スポーツとして公平なルールのもとオリンピックへの出場基準を満たし、見事出場権を勝ち取った人たちなわけで、「国の代表」と呼ぶには程遠い。
そんなに「国の代表」にしたいのであれば、そんな公平なルールなんてとっぱらって、国会議員と同じようにオリンピック代表も選挙で選んだらどうだ。

それと、朝青龍の問題でもしきりに騒がれた「品格」についてだけど、品格がない人はスポーツしちゃイケないのか?
だいたい、「品格」というものは、何か物事を極めた人が、自然とその人なりの品格として自然に身につくもので、「品格とはこういう物っ!」と型が決まったものでもなければ、ましてや人から押し付けられるものでもない。
朝青龍の問題にしても、そもそも日本的価値観の元で育ってこなかった外国人力士なのだから、そうした価値観を横綱になる前にみっちり教えるべきだったのではないか?
それをしてこないで、今頃になって「品格、品格」と騒ぐのは、ちょっと筋違いに感じるのだけど…
だからといって朝青龍の暴力事件(本当だとすれば…)が許されるわけではないけれど、少なくとも相撲協会や親方の責任は朝青龍本人以上に重いのではないのか?

品格とは後からついてくるものであり、周りから押し付けられるものではない。
品格がないとすれば、その人はまだ未熟であり、まだまだ極める伸び代がある証拠でもある。
本当に国母選手に、朝青龍に品格がないのだとしたら…
品格がなくてもオリンピック8位だぞ!
品格がなくても横綱だぞ!
まだまだ伸び代があるにも関わらずこの戦績ということは、彼らがさらにスノーボードを、相撲を極めて行ったらどんなふうになるのか、私はそちらの方が良っぽど興味が湧くのだけど…

少なくとも私は、国母選手があのセンスのない日本代表のユニフォームをぴっちり着こなす姿よりも、今よりもさらにスノーボードを極めて、それこそ本物の品格を身につけ、最高のエアを見せてくれる方がよっぽど同じ日本人として誇りに感じるし、勇気をもらえるような気がするのだけど…

ということで、久々にちょっと興奮してしまい、乱文、乱筆失礼しました…
ただ、どうでもいいようなくだらないバッシングのおかげで、せっかくの息子さんの晴れ舞台に堂々と応援出来ない、喜べないご家族の方々が本当に不憫で不憫で我慢できなかったもので…

それにしても、これだけバッシングを受けても終始自分のスタイルを抜き続けた国母選手は本当に立派です。
その初志貫徹の精神を、ご家族の方々は是非とも讃えて、素晴らしい成績を残した息子さんを労ってほしいと感じます。

by ki_ex | 2010-02-20 01:33 | スナップ | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/12898448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ikasama-photo at 2010-02-23 11:24
もし、彼がメダルを取っていたら、マスコミはどういう論調になったのか…。
しかし、企業も含めたスポンサードと、自己資金、若干の公的援助で参加する、
「普通の」大会に比べて、
オリンピックでは突っ込まれてしまうのは、仕方ない面もありましょうか。
何せ税金がかなり投入されているのが、
(某都知事のおかげもあって)かなり喧伝されてしまいましたから。
ある意味、古代オリンピックからすれば、国の代表という位置付けは当たらずとも遠からずですし。
そしてマスコミとしては、莫大な放映権料を払った以上、
何がしかの盛り上がりにはなってくれないと困る、それが「メダル」でなくとも。

あれが大々的に謝罪するような事かは別として、
「うるせーな」はまずかったとは思いますが…。
Commented by ikasama-photo at 2010-02-23 11:24
本物の品格、身につけて欲しいですね。
イチロー(と比べる事に意味があるか判りませんが)
は、自分のやり方は決して曲げない、時としてそれが他人にとって心地よく無い事も理解して、
折にふれ自分の言葉で、
「何故自分は他人にとって快くないと思われる行動をとるのか」
を述べて、周囲の理解を得ているからこそ、
(結果も残しているのが何よりなのですが)
求道者と呼ばれるまでになったのだと思います。

幼少時から競技に打ち込み、友人思いでもある彼、
口下手かつ、少し気持ちを正直に出してしまった事が世間の反感を買ってしまったのでしょう。

でも、きちんと着こなして帰ってきた彼の姿は、確かに似合わなかったと思います。
Commented by ki_ex at 2010-02-24 00:46
>ikasama-photoさん
まあ、確かに冷静に考えれば彼に責任がなかったわけではないのですが、朝青龍の問題でもそうですが、一番攻められるべきは周りの人間であって本人ではないと感じるのですよね~…
大体にして、国母選手の場合には、こんなのは周りの人がちょこっと「おい、おまえ服装気をつけろよ」とか一言いえば済んだ話。
それを、馬鹿なマスコミが騒ぎ始めた途端に周りの人間が国母選手を守るどころか一緒になって「けしからん!」とか言い出したから余計に腹が立つというか…
結果、ご家族の方も肩身狭い思いして、何か日本の村八分根性というか、一番嫌な面を見せつけられたような気がします。

>何せ税金がかなり投入されているのが、
確かにそういう面はあるかもしれませんが、そうした税金のほとんどがなんとか理事とか、なんとか協会とかに流れていて、実際に選手が恩恵を受けられるのはほんの僅かというのを考えると、選手の立場から考えたら「そんなので国を背負わされたらかなわん」というのが本音ではないですかね~…
よくオリンピックに出るための費用を捻出するのに苦慮するなんて話を聞くことがありますが、先進国の中でそんな国は日本だけらしいですよ…
Commented by ki_ex at 2010-02-24 00:47
↑の続き
いずれにせよ、最近は国母選手に限らず、本当にどうでもいいような些細なことを、その人の人となりも知らないどうでもいいような勘違いした連中が騒ぎ立てることが多くて、なんだか心がないな~…と感じます。
いつから日本人はこんなに心の狭い国民性になってしまったのですかね~…