夜へ向かう時刻

f0121181_1383063.jpg
OLYMPUS E-P3 & M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8



撮影日時 2011年11月05日 17時04分50秒
シャッタースピード 1/8
絞り F2.8
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -1.3
感度 ISO400
焦点距離 17.0mm(35mm換算34.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop CS5


あえてE-P3に苦手なシーンを…
D700なら難なく撮れる環境ですが…

ま、苦手とはいっても考え方次第で、こういうシーンで発生したシャドーノイズを上手く活かして、作品のテイストとして組み合わせてしまえば、どんなシーンでも綺麗に撮れてしまうD700では真似のできない絵づくりができるわけで、これはこれで楽しい。
特に、苦手なシーンの撮影では必ず何らかのイレギュラーが発生するもので、そのイレギュラーがまたいい味を出したり…
偶然がもたらす意外性は自分自身の絵づくりのための経験値にもなるので、それもまた楽しいのです。

やっぱりね…失敗写真が撮れないカメラはどこか味気ないのです…

by ki_ex | 2011-11-06 01:51 | スナップ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/16786458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ikasama-photo at 2011-11-06 13:05
私も、色々な設定を試して撮影したうち、結局はシャドーノイズバリバリの絵を選んでしまいました。
その方が昭和の香りがするかと思いまして。
ピクチャーエフェクト、あんまり使わない感じの機能ですね。
それ以上に動画ボタンは一度も押したことがありませんが(笑)
Commented by ki_ex at 2011-11-07 01:15
>ikasama-photoさん
ノイズは使い方次第なのですよね~…
なので、ノイズの量よりも質の方にこだわったほうがいいのではないかな~…と常々感じます。

あの、エフェクト系のデジタルフィルターは、初めは面白いですが、やっぱり飽きますよね~(笑)
動画機能は使ってみると楽しいものなのですが、そもそも動画で撮りたいという意欲が湧く被写体がないのが私にとっては問題です。(^^ゞ