Emblem

f0121181_2445992.jpg
Leica M9 & Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC



撮影日時 2012年11月10日 16時21分31秒
シャッタースピード 1/60
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 +0.3
感度 ISO320
焦点距離 35.0mm
測光方式 中央部重点平均測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop CS5


憧れの象徴、信頼の証。




今日はM9のイメージセンサークリーニングにライカ銀座店まで。
ギャラリーには何度か訪れていますが、実際、窓口でのやり取りは初めて。
どう考えても場違いな…
ちとドキドキしました。(笑)

M9は購入当初よりスゴイ数のゴミが確認されており、やはりセンサークリーニング機構が何もないフルサイズのレンズ交換式カメラとなるとこんなもんかな~…とビックリして(オリンパスではゴミ問題は皆無ですからね…)、ブロアで吹いたりセンサークリーニングキット買ってきて自分でやってみたりしたのですが、ほとんど改善されず半ばこの手のカメラは仕方ないのかな…と諦めていました。
なので、ライカのサービスに出しても全部キレイにするのはムリだろうと思っていたのですが、返ってきてゴミの有無を確認してみると、あれだけたくさんあって、いくらやっても取れなかったゴミが全部キレイサッパリ無くなってた…

さすがです…御見逸れしました…m(_ _)m

ちなみに、今回、保証期間内で一回目のクリーニングなので無料でした。
保証期間内でも二回目以降は有料になるそうですが、それでも一回2,100円なので、思ったよりもリーズナブル。
ゴミが付きやすい構造的問題があるとはいえ、この構造のおかげでレンジファインダー特有の極端に短いバックフォーカスによる良質な広角の描写が得られるのだから、これはもう車のオイル交換みたいな感覚で定期的にお願いしたほうがいいかもしれないですね~…

by ki_ex | 2012-11-11 03:06 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/18154764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。