終宴

f0121181_2224766.jpg
SIGMA DP1 Merrill



撮影日時 2013年06月06日 14時56分59秒
シャッタースピード 1/100
絞り F4.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 +0.3
感度 ISO100
焦点距離 19.0mm(35mm換算29.1mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop CS5


かつて賑わったであろうこの店も、もうここを訪れるものはいない。
宴はとっくに終わりを告げた。



実は最近、GRと焦点域被るので、DP1を売りに出してDP2かDP3にリプレースしようかと考えたりしてるのですが、実際使ってみるとDP1も捨て難いんですよね~…
せめてDP1のレンズがもう少しどうにかなってくれれば迷わなかったのですが…
やっぱりDP1は絞り開放値F4のままの方が良かったのではないですかね~…

どうも最近はやたらと明るいレンズが好まれる傾向にあるようで、クールピクスやGRのF2.8でも暗いと文句をいう人がいるほど…
でも、明るけりゃ良いレンズかって言ったらそんなことないからね~…
特にデジタルでは設計が難しいであろう広角レンズは明るくしすぎれば弊害も出てくるので、ムリに明るくするよりも、多少暗くてもヌケの良いスッキリしたレンズに仕上がってくれたほうがいいと思うのだけど…

…そうやって考えるとGRのレンズスゴイな…
リコーはどんな魔法使ったんだろう…

by ki_ex | 2013-06-12 22:43 | スナップ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/19808666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akira-ge at 2013-06-13 07:28
おはようございます。
やっぱり、なんかひっかかりますよね。
GRやクールピクスがF2.8で出てきたので、違和感がなくなりましたが・・・
絞り開放値がF4.0ならどんな描写してくれたんだろうってよく思います。
それにしても、本当にGRのレンズには魔法が掛けられているのでしょうかね。。。
Commented by ki_ex at 2013-06-13 23:13
>akira-geさん
メリル以前は文句なく良かったですからね~…
要望が多かったんだとは思いますが、そこは意思を抜いて欲しかったな~…という気が…
クールピクスも周辺減光激しかったですし、このサイズでこの明るさ、この焦点距離はやっぱり難しいのかもしれません。
センサー大きくなった分、広角レンズで周辺へしっかり光を届けるにはバックフォーカス長めにしないとですし…

それにしても、GRはどうやってるんでしょうね…
本当にこのカメラAPS-Cなんだろうか…ww