ことしのさくら

f0121181_23175361.jpg
Leica M9 & Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM



撮影日時 2014年04月05日 11時29分05秒
シャッタースピード 1/1500
絞り F4.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 +1.3
感度 ISO160
焦点距離 50.0mm
測光方式 中央部重点平均測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


ことしもきれいに咲いたワン!


ということで、「ことしのさくら」展、無事完了しました。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

昨年に引き続き、今年も「特別ではない日常の桜」をテーマに、どこか特別な桜の名所とかに出かけるのではなく、近所の元荒川沿いの日常風景を狙って撮りました。
多分、この写真の中に写ってるおじさんとワンちゃんは、この土手沿いを自転車で散歩するのが日課なのではないかと思うのですが、そんないつもの日常の、ちょっと特別な桜の時期を今年も迎えることができた感慨を、二人ともどこかで感じているのではないか(こちらの勝手な想像です)と思えて、この写真を選びました。
おじさんはそうでもないんですが、ワンちゃんはどことなく楽しそうなんですよね…
そんな対比も面白いかな…と思いまして…

ちなみに、ワンちゃんの毛のなびき方とおじさんの毛のなびき方が同じだというのが意外と好評でした。(笑)
そんなコネタも挟んだ作品です。

あ、あと、今年も話題に登りました紙の話ですが、昨年に引き続き月光レッドラベルで、ピクトリコのプリント工房さんにお願いしました。
今年も良い仕事していただきました。
本当にありがとうございました。

また、ありがたいことに「立体感を感じる」と評していただいた方が多かったのですが、その理由はこの紙の効果と、若干だけ、本当にわかるかわからないかくらいのレベルで加えているノイズのせいではないかと思います。
実はこのカット、素のままですとあまりにも綺麗すぎてどこか平面的に感じられたので、ほんの僅か、等倍で目を凝らしてわかる程度、プリントしたら紙質によっては潰れてしまう(実際、レッドラベルでは潰れます)くらいのレベルでノイズを加えてます。
実際にテストプリントしてこの小細工を施すことを決めたのですが、これを加えてあげるとあら不思議、程よい具合にデジタル臭さが抜けてどこか奥行き感を感じるようになるのです。
A2という大きめサイズの効能もあったかもしれませんが、このように仰っていただけて嬉しく感じました。

今年は昨年以上に参加者が多かったようで、いろいろな方とお話もできてとても有意義で楽しい展示でした。
残念ながら恒例の宴会には参加できなかったのですが、こういう交流ができるというのもこうした公募展の利点だと思います。
今後も可能な限り参加していきたいと思いますので、その際はまたよろしくお願いします。

by ki_ex | 2014-06-02 03:33 | スナップ | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/22191395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くら at 2014-06-02 14:59 x
あはは、M9 を使っているんだもの(笑)。

フルサイズのデジカメとそのカメラにすっかりコンパチのレンズを使っているのだから
立体感が出ないわけがないと思いました。

フルサイズ以上の受光部(フィルムも)を持つカメラはみなそうです。
絞ってもそうです。
Commented by ki_ex at 2014-06-03 00:36
>くらさん
何がおかしくて笑われているのかわかりませんが、このようなコメントをされるということは、当然、私のプリントをご覧になられて徹底的に分析されたか、もしくは普段から同じカメラ、同じレンズ、同じサイズのプリントを日常的に出力されているということですよね?
もしそうなら、ひとつのアドバイスとしてお聞きしますが(あまり参考になりそうにはありませんが…)、もしそうでないのなら、とても失礼な発言であると気付いておられますでしょうか。
Commented by ki_ex at 2014-06-03 00:36
>くらさん(続き)
おそらく悪気はないのだと思いますので、まじめにお答えしますが、今回は当初からA2の大判サイズでプリントすることは決めていましたので、それを前提にカメラもレンズも選んでいます。
くらさんの仰る「立体感が出ないわけがない」というのは、当然の前提として撮影に臨んでいます。
ブログエントリ内の記述はその先の話をしています。
どんなに良いカメラやレンズを使っても、プリント出力の段階でコケれば良い仕上がりにはならないことぐらいは当然ご存知ですよね?
Commented by ki_ex at 2014-06-03 00:36
>くらさん(続き)
あまり言葉を濁して勘違いされても困るので、きついことを申し上げますが、くらさんの発言は居丈高な上にやっかみのようなものも感じられ、とても不快です。
もし、このようなコメントをされるのであれば、せめて記事をしっかり読んだ上でなさって下さい。(多分たいして読んでないですよね?読んでたらこんな見当違いな発言ありえませんし…)
また、以前にも申し上げましたが、持論を展開したいのであれば、ぜひともご自身のブログでお願いします。
Commented by ki_ex at 2014-06-03 00:37
>くらさん(続き)
ただでさえ忙しいのに、的外れなコメントに付き合わされる身にもなって下さい。
これ以上同様なコメントが続くようでしたら、本質的にスパムと変わりませんので、申し訳ございませんが今後は即座に削除させていただきます。
Commented by gengen at 2014-06-03 13:39 x
今回はお邪魔できず失礼しました。微笑ましいお写真で、本物を拝見するべきでした。次回は必ずお邪魔しますね。
Commented by ki_ex at 2014-06-03 22:29
>gengenさん
いえいえ、失礼だなんてとんでもございません。
いつもお越しいただきありがとうございます。
今回は残念でしたが、これからも出展していく予定ですので、お時間ございましたら是非お立ち寄りください♪(^^)/