こんな日常

f0121181_23551587.jpg
OLYMPUS E-P5 & M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8



撮影日時 2014年07月12日 16時23分50秒
シャッタースピード 1/2000
絞り F4.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -1.0
感度 ISO200
焦点距離 17.0mm(35mm換算34.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


1945年8月6日午前8時15分、たった一発の爆弾が多くの人々の日常を奪いました。
あれから69年経った今、私達は極々平凡な、しかし、尊い日常を手に入れました。
私達は、この日常が未来永劫続くことを願います。
August 6 1945 8:15, Bomb of only single shot was took the daily life of many people in hiroshima.
69 years after, we got a very mediocre, however, precious and peaceful daily life.
We hope this daily life continues forever.


グーグル先生に頼りっきりです…
多分、相当におかしな文章になってそうですが、英語圏の方々にも伝わればという淡い期待を込めまして…
最近は仕事で必要なドキュメントも英語版しかなかったっりして、覚えなきゃ…とは思っているのですけどね…
もしおかしなところあれば訂正しますので、遠慮なく指摘してください…(;´Д`)

毎年この日は広島市の平和宣言全文読むのですが(8月9日は当然長崎も)、毎年、日本政府にチクリと釘を刺すような文言が含まれていましたが、今年は何に遠慮しているのかちょっとおとなしかったような気が…
広島平和記念資料館で長年原爆の凄惨さを伝えてきた蝋人形が撤去されたり、どうもこのところの広島市はおかしな方向にいってそうな気が…

ちなみに、私は幼少の頃にこの蝋人形を見て、怖くて怖くて夜も寝られなくなった記憶がある。
多分、1ヶ月くらいは夜に一人でトイレ行けなかったかも…
それくらいに強烈だった。
あの凄惨な光景が、お化け屋敷じゃなくて現実に起こったことなのだと思うと、心の底から恐怖を感じた記憶が未だに鮮明に残ってます。
最近は「残虐だから見せたくない」という親も多いようですが、私の親は容赦なかったですね…
私が泣こうが喚こうが、こういうのを見せるのをやめなかった。

そんな経験があるからか、少なくとも私は気に入らない隣国民を「殺せ!核爆弾で焼き尽くせ!!」「◯◯人は蛮族だからレイプしても構わない!」などと口汚く罵る醜い大人にはなりませんでした。
某国の国家元首でありながら、自国の憲法を「みっともない」などと公の場で発言して恥を晒すような、狂った大人にはなりませんでした。

あの当時はとっても怖かったけど、今ではそんな親にとっても感謝しています。

by ki_ex | 2014-08-07 01:02 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/22691969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。