店先

f0121181_5575184.jpg
OLYMPUS E-P5 & M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8



撮影日時 2015年02月21日 14時49分45秒
シャッタースピード 1/4000
絞り F2.8
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.7
感度 ISO200
焦点距離 17.0mm(35mm換算34.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


只今準備中…


米国の写真家さんがマイクロフォーサーズとAPS-Cとフルサイズ、3つのフォーマットで画質がどう違うかという興味深い比較実験をやっていて、モノクロ化しやすいフォーマットにマイクロフォーサーズを推していました。
まあ、フォーマットサイズというよりは、OM-D(=オリンパスのカメラ)なのですが、これは常日頃私が感じてることと合致してちょっと嬉しくなりました。

ちなみに、使用した機材はマイクロフォーサーズがE-M1、APS-CがX-T1、フルサイズがα7sと、各フォーマットの代表選手としては申し分ない機種構成。
モノクロ化以外の項目でもマイクロフォーサーズ(というよりE-M1?)は健闘していて、ネット上では「意外」という声が目立ったけど、私からしたら普段から感じていることをプロの視点でわかりやすく解説されているだけで、意外でも何でもなかったんだけど…
マイクロフォーサーズなめんなよ…(笑)

まあ、全てにおいてマイクロフォーサーズが優れているとは思わないけど、固定概念で不当に評価が低くなってるな~…と残念に思うことは多々あるので、この記事がマイクロフォーサーズが見直されるきっかけになればいいな~…
あ、気になる方はこちらから…
YOUのデジタルマニアックス マイクロフォーサーズ、APS-C、フルサイズセンサーのカメラを比較してみると意外?な結果に(Steve Huff)

by ki_ex | 2015-02-26 06:35 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/23717725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。