江戸火消し

f0121181_121049.jpg
OLYMPUS E-P5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R



撮影日時 2015年09月17日 15時35分33秒
シャッタースピード 1/13
絞り F5.2
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.3
感度 ISO3200
焦点距離 114.0mm(35mm換算227.9mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


もちろん本物ではないが、こうして精巧なジオラマで当時の街の様子が伺えるのは楽しい。


もてぎのために70-300手に入れてみたけど、普段から望遠なんてそんなに使わないのに、ましてや換算600mmなんてまずサーキットでしか使わないので、これを元手に40-150手に入れました。
プラマウントのキットレンズですが、これがなかなかよく写る…
オリンパスはこういう安いレンズでも手を抜かないのが嬉しいですね~…

本当ならF2.8通しのProレンズが欲しいところですが、このところの傾向で換算100mm以上の望遠レンズはマクロを除いてはほとんど使うことがないので、コストパフォーマンスを考えてこちらにしました。
実際に撮ってみて自分にはこれで充分かな~…という気がします。

まあ、レンズは可能な限りコストをかけたほうがその分の見返りはあるというのはわかっているのですが、月に数回しか出動しないレンズにあまりコストをかけてもね…
コンパクトで軽いし、描写も悪くないし、もっと早くに買っておけばよかったかな~…

良いレンズです。

by ki_ex | 2015-09-18 01:38 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/24481052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。