晴れ間

f0121181_23315250.jpg
OLYMPUS PEN-FT & F.ZUIKO Auto-S 38mm F1.8



撮影日時 2016年07月29日 11時32分24秒
シャッタースピード 1/500
絞り F2.0
撮影モード マニュアル
露出補正値 ±0.0
使用フィルム Cinestill 50Daylight Xpro C-41
感度 ISO50
焦点距離 38.0mm(35mm換算54.8mm)
測光方式 単体露出計使用
スキャナ Toylab
スキャニングソフト ―
最終仕上げ Photoshop CS5


せっかく覗いた晴れ間も、この街ではちょっと狭い。


ちょっと前のカットを…
何度も言うようですが、こちらはPEN-FTという50年前のフィルムカメラです。

このカメラ、購入当初はちゃんと露出計も動いていたのですが、しばらくしてすぐ壊れました。
でも、それ以外は全然元気で、普通に撮れるのですよね…
ロータリーシャッターの独特の音と感触はなかなかやみつきになります。
レンズの描写も50年前とは思えないほどよく写るので、マイクロフォーサーズ用のマウントアダプター買ってデジタルでも使ってみようかな~…と思っているのですがなかなか実現せず…
そろそろ重い腰あげようかな~…

フィルムカメラで撮ってた時代も、当然PENの存在は知ってはいましたが、当時の私といえば「へ?ハーフ判?なにそれおもちゃじゃんww」みたいな感じで全く見向きもしていませんでした。
今、こうして改めて手にしてみると、おもちゃどころかかなりしっかり造り込んであって、写りも素晴らしい。
あの当時にこのカメラの価値をわかっていたら、もっと写真活動も変わっていたのではないかな~…と今更ながら思います。

自分自身がそんな感じだったので、今のように「高スペックなカメラ=優れたカメラ」、「そうでもないカメラ=ダメなカメラ」みたいに勘違いしてしまう風潮は致し方ないことだとは思うのですが、だからこそ声を大にしていいたい。

スペックばかりにこだわってるとあとで損しますよ~ッ!

本日のおっさんの主張は以上です。(笑)

by ki_ex | 2016-09-26 23:54 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/26090943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。