おやすみ…

f0121181_02153804.jpg
OLYMPUS E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



撮影日時 2016年09月24日 14時05分46秒
シャッタースピード 1/60
絞り F2.8
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 +0.7
感度 ISO800
焦点距離 40.0mm(35mm換算80.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


最期までよくがんばったね…
ゆっくりおやすみ…


由芽ちゃん、残念ながら永眠しました。
2014年9月に産まれたので、わずか2年半の命…
産まれた当初からパパであった義則ちゃんと同じ呼吸器の問題を抱えていて、定期的に病院通ってここ数ヶ月はだいぶ良くなっていたのですが、突然義則パパの命を奪った呼吸困難な症状が発生し、即対処したものの、症状が現れた段階で既に進行度の早い悪性のリンパ腫に侵されており、抗がん剤治療等試みましたが回復することはありませんでした。

義則ちゃんが症状が出て3~4日で亡くなってしまったのに対して、2週間も頑張りました。
担当の先生からは安楽死の選択も提示されましたが、それは最期まで選べませんでした。
何か理念があって選ばなかったのでも、安楽死を否定するわけでも決してなくて、ただ単に選べませんでした。
それが由芽ちゃんにとって良かったことなのか、悪かったことなのか、未だに答えは出ていないですが…
ただ、積極的な延命治療はしませんでした。
妻はそれに関してあまり納得していないようでしたが、担当の先生も由芽ちゃんのためにもそれはお勧めしないと明確におっしゃってましたし、私もそう思ったので…

しかし、その選択すら、ここまで頑張って生きようとしていた由芽ちゃんを見たあとで、本当に正しかったのかわからなくなりました。
もしかしたら妻の判断の方が正しかったのかもしれない。

命に関わる選択は本当に難しいです。
後からならどうとでも言えますし…

とりとめもなく書き綴ってしまいましたが、最後に、由芽ちゃんと同時期に体調悪化していた亜季ちゃんは、幸いにして状態は良くなっています。
つい一昨日までスープ状のご飯を注射器で舐めるのがようやっとだったのですが、先日から猫缶がっつり食べるようになりました。
1週間近く何も食べていなかったので、ずいぶんと痩せ細ってしまいましたが、食欲も戻って活動的になって、朝に身支度している私によじ登って甘えるくらい元気回復しています。
治療中、ずいぶんと痛い思いしたけど、ぽっちゃり体型が普通体型くらいまで落ちたので、ちょうどいいダイエットになったかな…(笑)

本当に、みんなが健やかでいてくれることが何よりだな…と改めて思います。

by ki_ex | 2017-03-23 03:07 | 動物 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/27661775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Izu8Mayu3 at 2017-03-23 11:20
由芽ちゃん、旅立ったのですね。
本当に命に関わる選択は難しいですね。
今は不自由な体を抜けて、空を走り周っているのではないでしょうか。
ご看病お疲れ様でした。亜希ちゃんがご飯をガッツリ食べて良かったです。
由芽ちゃんのご冥福を心からお祈りします。ゆっくり休んでね。
Commented by ki_ex at 2017-03-24 06:20
>いずまゆさん
いろいろとご心配おかけしました。
由芽ちゃんがいなくなってしまうのは悲しいですが、一方で、もう苦しむ必要もなくなった…と、安堵の気持ちもあって、ちょっと複雑です。
今頃、大好きだった義則パパと日向ぼっこでもしてるかな…(^^)
亜季ちゃんはまだ予断を許さない状況ではありますが、猫缶だけでなくカリカリも食べてくれるようになったので、とりあえず一安心です。
由芽ちゃんがいなくなってもまだうちにはお世話しなければならない子達がたくさんいますので、今回の教訓を活かして残された子達にしっかりお仕えしたいと思います。
ありがとうございました。