生命のサイクル

f0121181_1353078.jpg
OLYMPUS E-3 & ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD & OLYMPUS EX-25



シャッタースピード 1/40
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先
露出補正値 -0.7EV
感度 ISO320
焦点距離 200mm(35mm換算400mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


蜘蛛が苦手な方、申し訳ございません…
きれいだったもので…

先日、EX-25を使うと、開放でぼやぼや、絞り込むとシャープになる、と申し上げましたが、その傾向はどうやら使う焦点距離にもよるようです。
今日の撮影では望遠端の200mmを多用したのですが、この焦点距離だと開放でもそこそこシャープ…
基本的な傾向としては、EX-25を介さないオリジナルの傾向に近いようでした。

これってもしかして撮影距離によっても変わってくるのですかね…
う~ん…なかなかにじゃじゃ馬で奥が深いようです…
まだまだ研究しなければ…

「カメラの専門的な話ばかり」というクレームをいただいたので、今日は久々に時事ネタなど…

本日の読売新聞の記事によると、愛媛県宇和島市の市立中学校の先生が、学年集会に遅刻した83人の生徒にげんこつし、7人の頭にこぶができたとのこと…
この先生は「行き過ぎた指導だった」と謝罪したそうです。

えっ、げんこつでしょ?Σ(゚Д゚;
…なんでこんなのがニュースになるの…

しかも、たんこぶでしょ?`。*:`( ゚д゚*)!!

骨折したとか、裂傷を負ったとかなら話は別だけども、たんこぶ…って…

正直、こんなことが騒ぎになって新聞に取り上げられる今の世の中って、どこかおかしいと感じてしまいました…

私はこの先生の人となりを知らないし、報道に書いてある文面だけを信じるわけにはいかないので、もしかしたら本当に行き過ぎあったのかもしれないけれども、でも、たんこぶで新聞が取り上げるか?
それも、何にもしていない生徒を無差別にげんこつして廻ったならまだしも、遅刻した生徒でしょ?
しかも、83人って、げんこつされた生徒も痛いだろうけど、げんこつした先生も相当に手が痛いはず。(というか、先生の方が痛いはず…)
今の学校の現場では、これも暴力になるの?
私が学生の頃なんてこんなの日常茶飯事だったけど…

というか、そういう経験があるから、「悪いことをすれば痛い思いをする」ということを身をもって教えてもらっていたと思うし、そのことは今の自分の人間形成の上でとっても役立っているように思うのですが…
私なんて、学校で先生にげんこつもらったなんてことが母にばれたら、さらに追い討ちをかけるように叱られるので、頭のたんこぶばれないようにするのに必死だったような気が…
そんなことを繰り返すうちに道徳心って身についていったように思うのですが…

もしこの先生が金属バットで生徒を殴って、たんこぶどころか病院で治療受けなきゃいけないほどの怪我を負わせたというならそれこそ大問題だけれども、ご自信のこぶしで身をもって、しかもたんこぶができるほどの力で83人もの生徒に…って、これって立派な愛情表現だと感じるのは私だけでしょうか…
げんこつってされるほうは当然痛いけれども、するほうも痛いんですよ…
しかも、されるほうは一回こっきりで、するほうは83回でしょ…

このニュースを見て、今の日本がだんだんおかしくなってきているのは、こういうところに原因があるのでは…と思ってしまいました…
正直、こういう時代に育った子供たちがいずれ社会に出てくるのかと思うと末恐ろしくなります…

by ki_ex | 2008-07-12 02:21 | 昆虫 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/8601850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ikasama-photo at 2008-07-12 07:52
これは美しい!
大体蜘蛛は、益虫(虫ではないにしても)のはずなのに、
脚が多いからとかいうどうでもいい理由で嫌われてますよね。
げんこつ、私もそうでした。
自分の非を棚に上げて「げんこつは悪い」とは…。
因果応報とか、そういう言葉は知らずに大人になるのかなーと思います。
自分が相応の事をしたのならげんこつもやむなし、あるいは、
アメリカ的に問題行動即放校、の様に、何らかの抑止力が無いと、
真面目に生きる人間が損をする社会になっていく気がします。
Commented by ritsuko_ikarin at 2008-07-12 12:55
望遠側で1/40ですか!ぶれてなくていいです!
白い蜘蛛さんですね、黒い蜘蛛より美しく見えるなぁ。

げんこつも平手もありだった世代としては、何とも不思議な話です。
私も先生の手を心配してしまいます。痛いだろうな~。
愛のムチを暴力として取り上げてしまう報道には疑問を感じます。
先生もやりきれませんね。
Commented by hiro-jt at 2008-07-12 16:59
モンスターペアレンツと良識のないマスコミ、この組み合わせは無敵です。
本当に、今のモンスターさん達に育てられたお子様達がどんな日本を作っていくのでしょうか。
我々にも将来のについての責任はあるのですが…。(汗)

私なんか100m先から大声で呼びつけられ食らいましたよ、げんこつ。
Commented by ttlovesnt at 2008-07-12 18:37
カメラのお話、いつも興味深く読ませていただいているので、
これからもどんどんよろしくお願いいたします!

それにしても、この行き過ぎた報道と思われる傾向には悲しくなってしまいますね。
なんだか本当に日本の社会が病んでいる様で…。

最近インターネットのストリーミングでJ-WAVEのBrandnew Jを聞きはじめ、
日本のテレビの見られない我が家でも、
ようやくリアルタイムに日本の情報が耳から入るようになって来たのですが、
昨晩のニュースで「交際していた女性にストーカー行為を行っていたとして男性を逮捕」
というヘッドラインを聞きました。

何をされたのか詳細は分からないのですが、
このふたりは“交際していた”わけなのだから、
第三者が介入する必要があったのかどうかと思ってしまいました。

本当に事件性のあるストーカー行為を付き合っている人にしたんだとしても、
大したことないのにストーカー行為として交際相手を訴えることも、
いずれにしても悲しいことですよね…。

ガンバレ、日本!!と
遠く南の島からお祈りしてしまいたくなる気分です…。
Commented by ki_ex at 2008-07-12 23:36
>ikasama-photoさん
そう、蜘蛛ってその姿かたちから嫌われがちですが、実は人間のために役に立っているんですよね~…
私の自宅の裏手は鬱蒼とした竹やぶなのですが、蜘蛛のおかげで夏場でも蚊やハエがそれほど多くないです。
アメリカってそうなのですか~…
そういえば、アメリカのどこかの都市で、落書きとかポイ捨てとか、たいしたことないような軽犯罪を徹底して取り締まったら、殺人とかの凶悪犯罪が激減したっていうのありましたよね~…
どんな些細なことでも他人に迷惑がかかることをしたらそれ相応の報いがある、ということを教わらないで育った子供がどうなるのか…
想像しただけで恐ろしくなります…
Commented by ki_ex at 2008-07-12 23:46
>ritsuko_ikarinさん
手持ちだったのですが、E-3の手振れ補正のおかげで何とかブレずに済みました。(^^ゞ

確かに最近は暴力と愛のムチを逆の意味で取り違えて激情的に暴力に走る先生もいるので、そうならないようにちゃんと監視監督しなければいけないというのはわかるのですが、げんこつごときで騒がれてしまったら、先生方もどうしたらいいのか判らないでしょうね…
本当に生徒の頭よりも先生の手の方が心配です。^^;
Commented by ki_ex at 2008-07-12 23:49
>hiro-jtさん
そう、マスコミも便乗しちゃってるのが大きな問題ですよね…
一方ではモンスターペアレンツの問題を取り上げて、もう一方では助長させるような報道…
いつから日本人ってこんなふうに自分の得になることしか考えなくなってしまったのでしょうか…
Commented by ki_ex at 2008-07-13 00:02
>ttlovesntさん
確かにストーカーとか痴漢被害とかも時々「本当か?」というのはありますね…
つい最近では女性に演技させて見ず知らずの男性を痴漢に仕立て上げようとしたカップルとかもいましたし…
こういうのって一番困るのは本当に深刻な被害に遭っている方々なんですよね…
この事件も同じで、こんな報道や事件が頻発すると、一番困るのは本当に問題のある先生から暴力を受けている子供たちで、自分の子供のたんこぶにクレーム付けた親たちはそういうこと…考えないのでしょうね…
だからこんなふうになっているのだし…(ーー;

>カメラのお話、いつも興味深く読ませていただいているので、
>これからもどんどんよろしくお願いいたします!
ありがとうございます~(^○^)ノ
こちらこそよろしくお願いします。m(__)m
Commented by 都筑てんが at 2008-07-14 04:07 x
ttp://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080712-OHT1T00090.htm

同校では授業開始3分前にBGMを流し、教室移動や準備を促すアナウンスをしている。全3クラス男女83人はアナウンスが流れた“後”に、それぞれ担任教師に引率され音楽室へと入った。

 しかし学年副主任を務める男性教諭が、アナウンスの“前”に到着しなかったことに激高。全員に正座を命じると、自分の近くの生徒から順に頭部を、げんこつでたたき始めた。他の教諭が「やめた方がいい」と制止しようとしたが、げんこつ先生は聞く耳を持たなかったという。

(中略)

遅れたのはあくまでも3分前集合。しかも生徒らは担任に引率されていた。げんこつ83連打は理不尽とも思われる状況だが、市教委では「日ごろの生活態度の乱れから学年集会を開いた経緯がある。その怒りが生徒に向いてしまったのではないか」と話している。


この問題は、担任の責任で「落ち度の無かったかもしれない生徒全員が殴られた」っていう問題であり、「体罰はいい・悪い」とかいう問題じゃないのでは…と思います。
Commented by ki_ex at 2008-07-15 01:10
>都築てんがさん
なるほど…そういう事情だったのですね~
情報ありがとうございます。^^

でも、この情報を見てなおさら疑問に思うのは、これって新聞が取り上げるほどのこと…というか、新聞社が安易に面白ネタで取り上げたのか、それともこの程度の問題もPTAや学校関係者で解決できず、報道に頼ったのかわかりませんが、いずれにしても尚のこと首を傾げてしまう…というのが正直な感想です。
私らが学生の頃ってこの程度のことも日常茶飯事でしたからね~…

「○○先生はいいって言ったじゃん」なんて言おうものなら、「○○先生は○○先生、俺は俺だ!」なんて無理やりな理由付けて怒られるなんてこともありましたし…(笑)
でもそんなことも今になって思えば活きていることも多いですし、社会に出ればもっと理不尽なこともあるのだから、この程度で騒ぎが大きくなるって…とつい思ってしまうのですが…時代が違うのでしょうか…
そもそも、本当に生徒たちに落ち度がなかったかもこの記事だけではわからないですし…
Commented by ki_ex at 2008-07-15 01:11
>都築てんがさん … 続きです…
私が一番違和感を感じるのは、「たんこぶ7個で新聞に載る」というところで、どちらがいいか悪いかは当事者同士で話し合って解決する問題では?と思ってしまうのです。
当然、もしこの先生が生徒に病院で治療を受けなければならないような怪我を負ったのであれば、それは社会的に何らかの制裁があって然るべきだと思いますが、「たんこぶ」でしょ?
もし生徒たちに落ち度がなくて、先生に落ち度があったのであれば、先生が生徒に謝って解決…なのではないですかね…
そんなふうに当事者同士で解決できないのであれば、それはそれで別の大きな問題だと思いますが…

Commented by ki_ex at 2008-07-15 01:12
>都築てんがさん … 更に続きです…
私が先生がバットとか竹刀とかを使わずに自らのこぶしを使ったことに拘ったのも、そこからこの先生が生徒たちを傷つけることが目的ではなく、何かを伝えたいと思って生徒たちにげんこつした、と感じられるからです。
結果としてそれが間違った行動であったとしても、少なくとも第三者がそれに対して糾弾すべきことではないように感じるのですが…

もし都築てんがさんが仰るとおり、「落ち度の無かったかもしれない生徒全員が殴られた」という問題として天下の読売新聞が記事として取り上げたのだとしたら、尚のこと末恐ろしさを感じます。