孤独な闘い

f0121181_1405866.jpg
OLYMPUS E-3 & ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD



シャッタースピード 1/20
絞り F3.5
撮影モード マニュアル
露出補正値 ― EV
感度 ISO100
焦点距離 200mm(35mm換算400mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


8耐のカットを現像していて結局こんな時間になってしまいました…
しばらくはこんな生活が続きそうです…

あんまりネタがないのもつまらないので、今日はカメラの話をちょっとだけ。

今回E-3メインで撮影していましたが、「E-3はモータースポーツに向いているか」と問われれば「No」…なのですが、「E-3はモータースポーツに使えるか」と問われたら「Yes」となるかなあ…というのが正直な感想です。

まず問題点が2点。
1点目は、これはE-3を使い始めた当初から感じていたことですが、C-AFはやはり今一歩、というところでした。
自分なりに分析すると、やはりまじめすぎるAFのアルゴリズムに問題がありそうで、結果的にMFで置きピンが一番ヒット率が高かったです。

条件にもよるのですが、ピーカンの環境下で走るバイクを追いかけると、突然アウトフォーカスする現象が…
原因はどうやらAFポイントがバイクを追っているうちにAFの効かない高輝度(太陽がバイクに反射しているような場所)にぶつかったときに、本来であれば自動で他のAFポイントに切り替わったり、被写体の動きを予測してフォーカスを動かしたりしてくれればいいのですが、まじめに一度合わせようとするため、そこでアウトフォーカスになる、ということのようです。
しかも、それがシャッターボタンを全押しする寸前に発生するため、ボケボケのカットになることもしばしば…
E-3にはロックオン機能というのがあって、C-AF時に遮蔽物等により突然フォーカスポイントが変わったときに、すぐに反応しないようにする機能があるのですが、これを使うと今度はバイクがすばやくバンク(バイクを曲がる方向に傾ける動作)した瞬間に追随できず、これもやはり今一ボケたカットに…

ということで、日中の直射光のきつい環境では、基本的にAFは使えませんでした。

ちなみに、日が陰ってくるとC-AFでもちゃんと追いかけてくれるので、後は自動選択時のアルゴリズムが改善されればかなりいい線は行きそうなのですが…

2点目は、手振れ補正が流し撮りでは基本的に使えませんでした。

E-3の手振れ補正はちゃんと流し撮り用の「IS2」というモードがあるのですが、どうやらこれがきっちりカメラを水平方向に動かさないとうまく効かないようで、手振れ補正をONにしたときよりもOFFにしたときの方がブレブレカットが少ないという結果に…
ある程度直線区間で流し撮りする分には問題ないのですが、コーナーではきっちり水平方向に動かしていたらすぐにバイクがフレームアウトしてしまうので、結局終日手振れ補正はOFFにしてました。

ちなみに、通常モードのIS1にして流し撮りすると、肝心のバイクがブレブレで流したい背景がきっちりブレずに撮れているという面白い現象が。
おかしなところでE-3の手振れ補正の優秀さを実感することになりました。

そんな感じで、やっぱりE-3はこういうシーンではまだまだかな…とは思ったのですが、昨年使用したE-410に比べれば格段に快適になったのも事実。
何よりもシャッタータイムラグとファインダー消失時間が減ったのは、こういう場面では大きく貢献しているように感じました。

それから、ファインダー像が大きな点も被写体を追いかけるには有利であることが実感できました。
かねてからピント合わせのしやすさとファインダー像の大きさには因果関係はないのでは…と申し上げてきましたが、こと動きものの被写体を追いかける上では大きければ大きいほど有利になるような気がします。

ということで、やはりカメラ自体の基礎体力が上がった分、サーキット撮りも快適にはなりましたが、積極的にサーキットに持ち込むにはもう少し…というのが結論でしょうか。

構造的にオリンパスのシステムは完全電子化マウントを採用している分、キヤノンと肩を並べるくらいにこういうシーンには強いシステムのはずですので、次機種では是非C-AFの動体予測、自動選択アルゴリズムの改善、IS2の高度化を図ってもらえるといいですね~
このあたりさえ改善されれば、レンズは充分優秀な玉が揃ってますので、サーキットでオリンパスのカメラがあちこちに…なんてことも起こるのではないでしょうか。

by ki_ex | 2008-07-30 02:55 | サーキット | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/8733156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-07-30 10:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiro-jt at 2008-07-30 23:54
こんばんは。
お疲れ様出した。(羨ましい限りです(笑))
仰るとおりの事を以前鳥撮りで感じていました。
IS2は使えない、E-520ではどうなんでしょうかね〜IS3とか。(笑)
C-AFの時の良い意味での妥協のなさがよりそう感じさせますね。
この辺はファームウェアで詰める事が可能だとは思いますがなかなか出てきませんよね。
今のところE-xに関しては確実に進歩しているので期待したい所です。
Commented by ki_ex at 2008-07-31 02:11
>鍵コメさん
運命…なのでしょうか?(笑)
Commented by ki_ex at 2008-07-31 02:16
>hiro-jtさん
私はレンズシフト式のキヤノンとかはどうなのだろう…と思ってしまったのですが、どうなのでしょうね…(笑)
結局ISにしろAFにしろ、まじめすぎるのが仇になっているような気はしますね~…
せめてC-AFだけでもファームアップでどうにかなってくれると嬉しいのですが。
Commented by gonzour at 2008-07-31 21:18
暑い中お疲れ様です~沢山撮られた様でなによりです。
このカット、ナイトランの雰囲気がよく出てますね。
ブレ具合もバトルしてる感じでいいですよ~^^
Commented by kohkyukun at 2008-07-31 23:31
>ファインダー像が大きな点も被写体を追いかけるには有利
動く被写体にはやっぱり大きい方がいいのですね!
それにしても、超カッコいい作品です。
昔よく見たモーターマガジンとかに載ってた写真と一緒です!^^
Commented by ki_ex at 2008-08-01 01:44
>ゴンゾーさん
ありがとうございます。^^
いろんな意味で暑かったですよ~(笑)
お天気に恵まれたのが本当にラッキーでした。
Commented by ki_ex at 2008-08-01 01:48
>kohkyukunさん
本当はもうちょっときっちり撮りたかったのですが、予想外に暗かったので半ばやけくそで撮ってました。(笑)
偶然を期待してあえて手振れ補正も一脚も使わなかったのが、まさしく運まかせの撮影ですね…(^^ゞ