やわらかな日

f0121181_2323995.jpg
OLYMPUS E-3 & ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD



シャッタースピード 1/200
絞り F3.5
撮影モード 絞り優先
露出補正値 +1.3EV
感度 ISO100
焦点距離 200mm(35mm換算400mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


「暑さ寒さも彼岸まで」とはいいますが、本当にお彼岸過ぎて涼しくなりました。
おかげでちょっと風邪気味です…

来春頃に新中級機をリリースするとオリンパスからアナウンスされましたので、当面は自重してこのボディの登場に備えようと思うのですが、その一方で気になるレンズが2本…

1本はシグマの50mmF1.4フォーサーズ版。
もう1本はペンタックスの55mmF1.4。

どちらも50mm前後の焦点距離でF1.4で、かつデジタルを前提に設計されたレンズですが、よくよく考えるとデジタルに対応してこのクラスというのは、AFではキヤノンの50mmF1.2くらいしかないんですよね~…
近々ニコンも出すようですが、どうにもニコンのボディーには縁がないようですので、そう考えるとフォーサーズとペンタックスでこのクラスを出してくれるというのはとっても嬉しい。

シグマの50mmは近接撮影ではもうちょっとがんばって欲しかったな~…という気はするのですが、なんといっても実売5万円前後ですから、これでこのクラスが手に入るのならとってもリーズナブル。
フォーサーズには確かにF1.4クラスではシグマの30mm、パナライカの25mmととりあえずは揃っていますが、私が欲しいのは換算で50mm前後ではなく、実焦点で50mm前後ですので、このレンズはまさにうってつけ。
シグマですとどうしてもAFが遅いなど、ネガティブイメージが付いて回りますが、フォーサーズの中では無二の存在だけにどうしても魅力的に見えてしまうんですよね~…

そして、ペンタックスの55mmですが、キットレンズも含めて最近のペンタックスのレンズはなかなかいい描写のものが増えてますので、この延長線上でこのクラスを作ったらどうなるのかとっても見てみたい…
SDM対応ボディーでないとAFが作動しないなどの問題はありますが、このレンズのためなら新しいボディを用意してもいいような…

まあ、どちらかはいずれ手に入れたいと思うのですが、果たしてどちらを優先させるべきか…
こちらも悩ましいですね~…

by ki_ex | 2008-09-28 00:24 | | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://kiphotolog.exblog.jp/tb/9198854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 六地蔵様 at 2008-09-28 15:15 x
こんにちは。しばらく振りになってしまいました。
昨日、主人の姪っ子の運動会にいって写真の練習をしてきました。
なかには、『やった〜!』と嬉しいのも何枚か撮る事も
できました。でも、やはりブログで紹介できなくて、、、。
前に教えて頂いた『置きピン』に挑戦しようと思ったのですが
走ってる子供を撮るのに、下から上に向かって撮る事が
ほとんどだったので、出来ませんでした、、、。
下からだと、どうしても空や遠い観客になってしまって、、、。
人に立ってもらうことも、始まってしまうと出来ませんでした。
やっぱり、難しいですね、、、。
でも、置きピンなど大変 勉強になりました。
改めて、ありがとうございました♬

今回のお花の写真も鮮明で、きれいですね!!
被写体と背景とのバランスが、素敵です。
私の場合、どちらかにかたよってしまい、結局はいまいちな
写真になってしまうことが多いので、、、。
あぁ、、、師匠の技術が『欲しいです。
Commented by ヤパ at 2008-09-28 21:58 x
いつも、心あたたかい写真で、幸せです。

写真の修行って、どうすればいいのでしょう? 技術は技術として、自分の心の目の上達の必要性を感じるのですが、年をとると頭が固くなって、寂しい限りです。

いささんは、どのようにして、写真の修行をされたのですか?

 
まあ、でも、物欲の話は、楽しいですね(笑)
でも、今の時点で、カメラは、E-3 にも E-300 にも満足しています。ただ、E-3 では辛い状況が楽になるのをもう1台欲しいとは思いますが。

レンズは、当方、まだまだ使いこなせないです。って、梅の40-150(新)を楽しんだりしていますので、きっと、見る目がないのだと思います。
ひょっとすると、ZDレンズの性能が良すぎるだけなのかもしれませんが、、、。
Commented by ki_ex at 2008-09-28 22:53
>六地蔵様さん
しっかり練習してますね~(笑)
その昔、デジカメなんてものが出てくる以前のことですが、私は飛行機が好きでよく自衛隊の航空祭とかに出かけて撮ったりしていたのですが、動きの速い戦闘機が相手だと36枚撮りのフィルム20本近く撮っても納得できるカットは2~3枚くらいでした…(^^ゞ
今だったらもう少しうまく撮れると思いますが、動く被写体が相手ですとやっぱりたくさん練習するのが一番の早道のように思います。

「置きピン」は左右の動きにはいい方法ですが、上下の動きとなると「C-AF」を使ったほうがうまくいくかもしれないですね~…
後は失敗を恐れずとにかくシャッターを切る、というところでしょうか。
フィルムの頃はフィルム代に現像代と何かとお金がかかるので、そうやすやすとシャッター切ることができなかったのですが、デジタルですとそのあたりは気にする必要がありませんので、とにかく数を撮る、というのもコツのひとつかもしれません。

いよいよ来週本番ですね~…
陰ながら応援しておりますので、がんばってください。☆゚'・:*(・∀・)八(・∀・) *:・゚'☆
Commented by ki_ex at 2008-09-28 23:53
>ヤパさん
う~ん…難しい質問ですね~…(^^ゞ
私自身、まだまだ修行中の身ですし…

他の方がどのようにしているのかわからないので、私のスタイルが正しいかどうかわからないのですが、私の場合ですとひとつの被写体をしつこく追いかけるというスタイルで撮影に臨むことが多いです。
例えば、家の近くにきれいな花が咲いていたら、その花一本だけで何カットも、露出を変え、ピント位置を変え、構図を変え、場合によっては日にちを変えて、どう撮ったらそのお花の最高にきれいな姿を写しこめるかを試行錯誤しています。(ちなみに、今年の夏は同じ池の睡蓮だけで500カットを優に超えてしまいました…)
当然、「失敗した時の保険」という意味合いでカット数を稼ぐというのもあるのですが、基本的に一枚一枚は真剣勝負で、「これでいい絵が撮れるはず!」と思ってシャッターを切ってます。
Commented by ki_ex at 2008-09-28 23:53
>ヤパさん ~続きです~
あとは、失敗したら必ずリベンジする、というのも心がけていることでしょうか。
例えば、撮ってみてあとで仕上がりを見てみたらピント位置がイマイチだった、とかでしたら、翌日また同じ被写体を狙ってピント位置を変えて撮る、とか…
それから、その時に失敗の原因をカメラや被写体に求めない、というのも大事なような気がします。

そんな感じで撮影に臨んでいるのですが、なにかヒントになれば…
Commented by 花浅葱 at 2008-10-01 00:46 x
こんばんは~!
ちょっと遅くなってしまいましたが、本当にやわらかな雰囲気でこの写真、大好きです!
原色じゃなく、微妙な色合いのこのお花がとても素敵です!
いいなぁ。
Commented by ki_ex at 2008-10-01 02:29
>花浅葱さん
ありがとうございます。^^
柄にもなくちょっと乙女チックに仕上げてみました。(笑)
日陰のお花を露出補正でプラス側に振ってあげるとこんな感じになるんですよ~