変わりゆく街 ~鴻巣~ (10)

f0121181_0264332.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/160
絞り F5.6
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 17mm(35mm換算34mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0(トリミングあり)


中心がうまく出ていなかったので、ちょっとだけトリミングしました。

昔は方眼マットのスクリーンを愛用していて、コンデジを使い始めても、表示できる機種では表示させて使っていたのだけど、E-300ではフォーカシングスクリーンの交換ができないので、水平や中心位置を外してしまうことが多くなってしまった。
目を接眼部にしっかりつけて、四隅をよく確認すればそうそう外すことはないのだけど、めがねの私の場合、スナップ撮影でとっさに撮るときはどうしてもファインダーがけられてる状態で撮影してしまうことが多く、そういうときに方眼の目が切ってあるファインダースクリーンはとっても便利だったのだ。
フォーカシングスクリーンが交換できなくてもいいから、液晶のスーパーインポーズで表示できる機能とかあったらいいのだけど…

そういえば、今日は久々のお休みで、ちょっと大宮まで出る用事があったので、ついでにビックカメラで買い物しつつ、カタログ小僧のように展示されてるカメラにさわりまくってきました。
で、発売されたばかりのフジフィルムのFinePix S5 Proのファインダーを覗いてみてびっくり…く、暗い…

確かについてたレンズがタムロン製の廉価版標準ズームだったので、レンズ自体が暗いことは確かなのだけど、それにしても暗い…
ただ、それでもニコンのD200をベースにしているだけあって、MFでも使えそうなほどピントの山は掴み易い。
何故?と考えてみたのだけど、よくよく考えてみたら、昔のAFが一般的でなかった頃のカメラってどれもこんなだったな…ということにハタと気がつく。

MFが主流の頃は、明るい単焦点レンズ(最低でもF2.8くらい)を使うのが当たり前だったから、ファインダーが明るく明快に見えるよりも、ちょっと暗くして(というか、マットの荒さを荒くして)ピントの山を掴み易くしていたのだけど、AFの信頼性が上がり、主流はF2.8よりも暗いのが当たり前のズームレンズになって、ファインダーはピントの合わせやすさよりも明るくて明快な像が得られるファインダーに変わっていった。
そんなカメラに慣れ親しんでしまっていたから、そんなことはすっかり忘れておりました。

そうやって考えると、やっぱりニコンって頑固なんだな…と変なところで感心してしまった。
昔、EOS-1 Nを愛用していた頃、ニコンのF4のファインダーを見て「暗いな…でも、ピント合わせやすいな…」と驚いたのを思い出しながら…

ちなみに、近くに展示されていたD200には、もう少し明るいレンズが付いていたのだけど、こちらはこんなに気になるほどに暗くはありませんでした。

私はオリンパスのカメラが好きだし、フォーサーズの考えそのものも賛同できるのだけど、唯一ファインダーだけが難点…
オリンパスのことなので、何か画期的な技術を使って、是非ともD200並みのファインダーを実現して欲しいところだけど…AF主流の昨今ではファインダーに研究開発費をかけるようなことはしないんだろうな…

# by ki_ex | 2007-02-25 01:21 | 街並 | Trackback | Comments(2)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (9)

f0121181_131573.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/125
絞り F3.5
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 54mm(35mm換算108mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


蔦に飲み込まれた古い家屋。
人は住んでいたようです。

そういえば、キヤノンからEOS-1D MarkⅢが発表になりましたね。
相変わらずキヤノンらしいゴッテゴテの先端技術の塊のような仕上がりで、すごいなあ…とは思うのだけど、ボディだけで250ccのバイクが買えてしまうような値段はいかがなものか…

10年前の私ならローンを組んででも買ったかもしれないですが、今となっては…

あんなごついカメラぶら下げて歩きたくないなあ…

# by ki_ex | 2007-02-24 01:17 | 街並 | Trackback | Comments(2)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (8)

f0121181_1373478.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/60
絞り F3.5
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 14mm(35mm換算28mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


軍手をくわえた犬です。

眠い!

# by ki_ex | 2007-02-23 01:49 | 街並 | Trackback | Comments(0)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (7)

f0121181_228730.jpg
C-70 ZOOM
シャッタースピード 1/125
絞り F6.3
撮影モード 絞り優先
感度 ISO80
焦点距離 7.9mm(35mm換算38mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


鴻巣で撮影した写真に違いはないのですが、今日はちょっとだけ閑話休題ということで、コンビニで休憩中の私の足とタバコです。

ということで、今日もこんな時間…
明日も早いので寝させていただきます…

# by ki_ex | 2007-02-22 02:33 | 街並 | Trackback | Comments(2)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (6)

f0121181_104795.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/25
絞り F3.3
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 43mm(35mm換算86mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


今日もこんな時間になってしまった…
早く寝なければ明日起きられなくなってしまう…のだけど、目が冴えて眠れそうもない…
寝酒でも買っておくべきだった…

# by ki_ex | 2007-02-21 01:26 | 街並 | Trackback | Comments(2)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (5)

f0121181_1294349.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/400
絞り F9.0
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 23mm(35mm換算56mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


最近にわかに仕事が忙しくなってきた。
今月中に仕上げなければいけない案件があるのだけど、どう考えても時間が足りない!

そして今日もこんな時間…
こんな生活がしばらく続くのか…

# by ki_ex | 2007-02-20 01:30 | 街並 | Trackback | Comments(0)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (4)

f0121181_2325853.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/250
絞り F8.0
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 14mm(35mm換算28mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


写真とは関係ないのですが、E-300を使うようになって評価測光(メーカーによって呼び名はまちまちなのですが、オリンパスではESP測光と呼ばれています)を多用するようになりました。
理由は簡単で、よく当たるから。

コンデジをメインにしていた頃は、どうしても癖が掴みづらく、癖の掴みやすさと経験が活かせる平均測光、もしくは中央部重点平均測光を使っていました。
E-300でも癖が掴みづらいのは変わらないのですが、露出を詰めていくと結局評価測光での適正露出に近くなので、それであれば、シャッターチャンスが勝負になることの多いスナップ撮影中心の私にとっては使わない手はないだろう、ということです。

当然、極端な逆光だとか、反射式露出計の苦手なシーンも多いし、作画意図もあるので、ほとんどのカットが露出補正しているのだけど、平均測光で出た目から補正するよりも、評価測光での出た目から補正したほうが楽なので、すっかり評価測光を常用するようになってしまいました。
ちなみに、SP-500 UZでは、どう考えても不可解な転び方をすることが多いので、こちらは未だに中央部重点平均測光です。

昔は単体露出計で計ってマニュアルで撮るのが一番だ!…なんてとんでもない勘違いをしていたのだけど、カメラに任せられるところはカメラに任せてしまったほうが絵作りに集中できるので、最近はすっかりプログラムオートと評価測光の組み合わせが常用モードになっています。

# by ki_ex | 2007-02-19 00:05 | 街並 | Trackback | Comments(2)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (3)

f0121181_212541.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/640
絞り F8.0
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 54mm(35mm換算108mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


先日は川越の話題をちょっとだけ取り上げましたが、なんともタイミングよく、今日の昼の番組で川越が取り上げられていました。(ホンジャマカの石塚さんが各地のおいしいものを食べまくるあの番組です)

こんな風にテレビに取り上げられるようになったから変に美化されちゃったんでしょうね…

昔は明らかに戦前に建てられたであろう情緒ある小さなビニ本屋さんとか、ポルノ映画専門の小汚い映画館とか、そういうマイナスイメージにつながるようなところもひっくるめて、とても絵になる街であったように思うのですが、今ではそういうところはきれいに整備され、小江戸を演出するための古っぽく見せた新しい建物が軒を連ね、どんどん便利になって行った分、どんどん魅力も失って行ったように感じます。

まあ、こんなことを嘆いても仕方のないことなのですが…

# by ki_ex | 2007-02-17 21:29 | 街並 | Trackback | Comments(0)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (2)

f0121181_14461.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/400
絞り F7.1
撮影モード シャッター優先
感度 ISO100
焦点距離 45mm(35mm換算90mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


2日目です。

埼玉で情緒のある街というと川越が有名ですが、実はちょっと目を向けてみるとまだまだ古くて情緒のある街というのは県内にたくさんあります。
むしろ最近の川越は変に観光地化してしまって、新しいのに古く見せているような建物とかが増えてしまい、私がよく撮影に訪れていた頃の情緒は失われつつあるように感じます。

この鴻巣もそんな情緒のある街の一つだったのですが、ここもまた徐々に近代化の波に流され始めているようです。

近代化されて便利になるのはいいことなのかもしれませんが、その分失われるものも多いように感じます。
特に私のような田舎育ちには、これ以上便利になる必要があるのか、とても疑問に感じてしまうのですが…

# by ki_ex | 2007-02-17 01:29 | 街並 | Trackback | Comments(0)

変わりゆく街 ~鴻巣~ (1)

f0121181_2248352.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/320
絞り F5.6
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 54mm(35mm換算108mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


またしばらく連作にしようと思います。
テーマは地元の街並ということで、人形で有名な鴻巣(全国区ではないかもしれないのですが…少なくとも埼玉県内では…)を取り上げたいと思います。

鴻巣というと、私の中では免許センターと中学校時代の練習試合で訪れた当時の印象が強くて、古くて情緒のある街という印象が強いのですが、今の鴻巣は大きく変わろうとしているようです。
この連作で、近代的なマンションと古い家屋が混在する街並のコントラストの面白さと、物悲しさが表現できたら面白いかな…と思ってます。

ということで、初日は古い木造住宅のベランダで日向ぼっこする猫です。
レンズを向けると不思議そうな顔でこちらを見ていました。

# by ki_ex | 2007-02-15 23:04 | 街並 | Trackback | Comments(2)