花を買う

f0121181_0511487.jpg
CANON EOS 5 & SIGMA 28-70mm F2.8(正式名称不明)



シャッタースピード 不明
絞り F6.7
撮影モード 絞り優先
露出補正 ±0.0
使用フィルム コダクロームダイナEX100(EB2)
焦点距離 70mm
測光方式 中央部重点平均
スキャニング機材 OLIMPUS E-30
スキャン画像形式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


かな~り昔(私がキヤノンユーザーになりたての頃)のポジで、しかも保管状態が悪く退色してしまっていたのでモノクロにしてしまいました。
なので、「コダクロームなのに何故にモノクロ?」という突っ込みは無しでお願いします。(笑)

今日こんな古い写真を持ち出したのは別に何か意味があってのことではないのですが、最近フィルムのスキャン方法をあれこれ試しているので、テストで取り込んだカットをそのまま使ってしまいました…
まあ、コダックからいよいよコダクローム生産終了のリリースがありましたので、ついでに記念ということで…
ダイナをコダクロームに分類するか否かはちょっと微妙ですが…

この頃は今のようにExifデータなんて便利なものはなかったので、ワープロで作成した撮影データを書き込む表にいちいちデータを書き写しながら撮ってました。
なので、かろうじてデータは残っているのですが、汚い字でなんて書いてあるかわからなかったり、絞り優先だとシャッタースピードが抜けてたりで、今思うと無駄なことしていたな~…と感じます。
そういう点でもやっぱりデジタルって便利なのですよね~…

デジタルからはじめられた方はあまり実感が涌かないかもしれないですが、実はデジタルカメラって写真が上達するための要素がたくさんあったりします。
なんといってもフィルムに比べて数多く撮れるというのは大きな要素ですが、撮った写真のデータを見て後から反省ができるというのも一つの要素ではないでしょうか。
自分の思い通りに撮れていないカットがあったら、後からデータを見返して「何がうまくなかったんだろう」とか、「こういうシーンでこれくらい露出補正するとこうなるんだ」とか、いろいろ分析できます。
フィルムでもできないことはないのですが、先にも述べたとおりいちいちシャッター切る度に撮影データをメモしておかなければならなかったりするので、とっても面倒くさいのですよね~…

もうこれまでも何度も申し上げてきましたが、本当にデジタルって便利です。

by ki_ex | 2009-06-25 01:13 | 街並 | Comments(0)