monochrome beauty

f0121181_23274446.jpg
OLYMPUS E-30 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5



シャッタースピード 1/40
絞り F3.5
撮影モード 絞り優先
露出補正値 ±0.0EV
感度 ISO100
焦点距離 54mm(35mm換算108mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


SILKYPIXでアートテイスト企画 創像なるものが公開されたので早速使ってみました。
これから6ヶ月間毎月新しいテイストが追加されるそうです。
今日の写真では冷黒硬調を使っていますが、他のテイストもなかなかいい感じです。

SILKYPIXをお使いになっていない方のために、テイストとは言ってみればRAWデータを現像する際の各設定をワンセットにしたお得なコース料理のようなもの(ちょっと違う?)で、細かな現像設定をいじらなくても誰でも簡単にアーティスティックな作品に仕上げられるというものです。
デフォルトではトイフォトやインスタントフィルム、セピア等入っていますが、これに追加でダウンロードして増やせるという優れものなのです。
自分の任意の設定でテイストを作る事も可能なので、自分がよく使用する設定をデフォルト値にしたり、「RAW現像って難しそう…」と思っておられる方もこれを使うことで難しい設定の必要なくRAWデータならではの仕上がりが得られるのでお勧めです。

って、市川ソフトさんの回し者ではないのですが…(笑)

SILKYPIXは確かに仕上がりの面で好みが分かれるところなのですが、各種設定やワークフローの自由度が高いので、普段カット数が多い方、ちょっと人と違う作品が作りたいという方にはお勧めです。
ちなみに私はほぼ毎日数10カット、休日は100から多い時で500カット以上現像処理するのですが、これまでいろんな現像ソフトを試してみましたがSILKYPIX以上に効率よく満足できる仕上がりにできるソフトはありませんでした。
良い仕上がりを得るだけでしたらSILKYPIX以上に良いソフトはあるのですが、「効率よく」という部分を満たしているソフトは意外と少ないのですよね~…

重ねて申し上げますが、市川ソフトさんの回し者ではありませんので…(爆)

by ki_ex | 2009-07-06 23:55 | | Comments(0)