避暑

f0121181_22482550.jpg
OLYMPUS E-30 & ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 MACRO



シャッタースピード 1/1600
絞り F2.0
撮影モード 絞り優先
露出補正値 +0.7EV
感度 ISO100
焦点距離 50mm(35mm換算100mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 OLYMPUS Studio 2.3
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


今日のカットはハイライトの処理が良好なオリスタを使っております。
SILKYPIXでハイライトが飛んでしまうようなカットでも、オリスタやAdobeのACRではちゃんと残るのですよね~…
なので、こういうカットでは最近積極的に使ってます。

ちなみに、オリスタはモノクロの仕上げでも結構重宝してます。
SILKYPIXにはない「モノクロフィルター」機能が付いているので、トーンの調整がしやすいのです。
イエローとかオレンジとか、かつてモノクロフィルムでトーンを整えるのに必須であったフィルターがデジタルで適用できるので、これは結構わかりやすくて便利。
このあたりはさすがカメラメーカーというところでしょうか。

デジタルでモノクロというと案外簡単にできそうな気がしますが、実際にやってみると意外と難しい。
やっぱりトーンの出方が本物のモノクロフィルムとは違ってしまうことが多いんですよね~…
そうやって考えると、デジタルのモノクロ化ってただ単に色をなくしているだけじゃなくて、開発するソフトウェアメーカーのノウハウが結構詰まっているのかもしれないですね…

コンデジとかでもカメラで簡単にモノクロ仕上げとかセピア仕上げとかできるのが当然のようになっていますが、実は凄い技術なのかも…などと思ってしまいました。

by ki_ex | 2009-07-23 23:16 | | Comments(0)