春待花

f0121181_0421018.jpg
Nikon D100 & Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLⅡ



シャッタースピード 1/640
絞り F2.8
撮影モード 絞り優先
露出補正値 ±0.0EV
感度 ISO200
焦点距離 58mm(35mm換算87mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


もう蝋梅が咲き始めていました。
まだ1分咲きくらいでまだまだですが、このお花を見ると年が明けるのだな~…と実感しますね~…
これからが楽しみです。

なるべく早いところD100に慣れるためになるべく持ち出すようにしているのですが、私のイメージしていたニコン機とだいぶ違うような…
確かにボディのつくりはしっかりしていますが、ファインダーはピントの山が全然わからないし、すぐにバッファフルでシャッター切れなくなるし、評価測光は予測を平気で裏切るし、絵の傾向もちょっと階調性に欠けるような…
デジタル過渡期に発売されたボディですから、このころはニコンも迷いがあったのですかね~…
使えば使うほど、約1年後に発売されたE-1がいかによくできたカメラだったかを実感します。
センサーのごみの心配もないし…

一度入念に撮影テストをする必要がありますかね~…
以前、E-30であれこれテストした時はカメラの傾向がよく掴めて役に立ちましたので…

あっ、ちなみに、FMのほうはバッチリ私の記憶の中のニコン機そのままでした。(笑)

by ki_ex | 2009-12-23 00:56 | | Comments(0)