冬晴れ

f0121181_272215.jpg
Nikon FM & Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLⅡ



シャッタースピード 1/1000
絞り F2.8
撮影モード マニュアル
露出補正値 ― EV
使用フィルム コダック エクター100
焦点距離 58mm
測光方式 中央部重点平均測光
スキャニング EPSON GT-X770
スキャン画像形式 TIFF
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro(TIFF現像)
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


フィルムが仕上がってきたので、スキャニングしていたらこんな時間になっていました…
フィルムと付き合うなら、このあたりのワークフローを効率化しないとダメですね~…

今日のカットで使ったエクターですが、普通のC-41現像に関わらずカメラ屋さんのミニラボ機では現像できません。
なんでも、コダック独自の「エクター仕上げ」なるものが必要なのだそうな…
カメラ屋さんで時間かかると言われ、「そういえば、そんなフィルムあったな~…」と思い出しました。

仕上がりでどれくらい違うのか、イマイチよくわからないんですけどね~…(笑)

by ki_ex | 2010-01-09 02:23 | | Comments(2)

Commented by くら at 2010-01-09 10:44 x
立体感がとてもよく出ていますね、スキャナーでTIFF画像のファイルにするんですね、そしてSILKYPIX、
JPEGファイルにするより現像処理はやりやすいですか? かなり気になるところです。
Commented by ki_ex at 2010-01-09 22:50
>くらさん
ありがとうございます。^^
SILKYを使っているのは、一番使い慣れているソフトというのもあるのですが、いかん
せん未だスキャニングが不慣れなもので、色味、調子ともになかなか思い通りにいか
ず、仕方ないのでスキャン時にざっくり調整してから取り込んで、その後SILKYで微調
整するようにしています。
どうにか効率良く良い仕上がりが得られるか、あれこれ試しているのですが、今のとこ
ろこのやり方が一番良さそうなので…