初夏の実り

f0121181_23585021.jpg
OLYMPUS E-PL1 & Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SLⅡ



撮影日時 2010年06月02日 08時15分11秒
シャッタースピード 1/125
絞り F4.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.3
感度 ISO100
焦点距離 58mm(35mm換算116mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop Elements 8.0


鳩山さん辞任されましたね~…
まあ、なんというか、この国がマトモになるためにはまだまだ道のりは長そうで…

ここ数年で就任した総理大臣の中では一番まともな事を仰っていたように思うのですが、この間も申し上げましたが理念だけでは政治はできないという典型的な例でしょうか。
理念すらなかった前政権よりもよっぽどましではありますが、高い理念を実現するための実行力が決定的に欠けていたということでしょう。
なんだか仕事と通ずる部分もありますね~…
反面教師にしないと…

まあ、でも、前からも後ろからも鉄砲玉が飛んでくる中でよく頑張ってくれたのではないでしょうか。
組閣人事で大きく失敗していたようにも感じるので、ある面自業自得という気もしないでもないですが…

ただ、なんといってもそれまで闇に追いやられていた普天間の問題を表舞台に引き上げた功績は大きいのではないですかね~
大手マスコミはむしろこの普天間の問題が政権にトドメを刺したみたいな論調ですが、以前にも申し上げた通り普天間の問題は昨日今日に始まった問題ではなくて、前政権からず~っと続いていながら恣意的に隠されていた問題ですから、それを全国民に知らしめた成果は計り知れないのではないでしょうか。
最後の「海兵隊は抑止力として必要」の発言にはズッコケてしまいましたが、この地の利権に絡む薄汚いヤツらの顔を想像すれば、致し方なく発した言なのではないかということは容易に想像できますし…

お坊ちゃまだから優しすぎたのですかね~…
そう考えると、やはり政治家は立派な政治理念を持ちながら、それでいて裏側のドス黒い面もよ~く知っているようなタフな人物でないと務まらないのかもしれません。

兎にも角にも、短い間ではありましたがご苦労様でした…

by ki_ex | 2010-06-03 00:26 | 自然 | Comments(0)