横顔のままのあなた

f0121181_235811.jpg
OLYMPUS E-PL1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6L



撮影日時 2010年06月24日 08時18分24秒
シャッタースピード 1/320
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -1.3
感度 ISO100
焦点距離 42mm(35mm換算84mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop Elements 8.0


今日はフィルムはちょっとおやすみ。
先日の記事へ頂いたコメントで、VueScanを教えて頂き、あれこれ試しているうちに本スキャンしている時間がなくなってしまったもので…

このソフト、スキャン時のコントロールの自由度はSilverFastの方がよさそうですが、わかりやすいインターフェースとRAW書き出し(DNG形式)できる点はかなり魅力的。
実際にスキャニングしてRAW書き出ししたデータをSILKYPIXでいじってみましたが、かなりよい仕上がりが得られます。
なんといっても、日本語化されているのは涙が出るほど嬉しい…(笑)
私の場合、すでにSilverFastを購入してしまいましたので、もう少し使い込んでみてから導入を検討しようかと思いますが(まだちゃんと使いこなせていないので…)、スキャニングで悩んでいる方はこちらもお薦めです。

おしえてくださいました+meさん、ありがとうございました。

ちなみに、全く話は変わりますが、今日のタイトルは昔おもいっきりハマって聴きまくっていた片桐麻美さんの楽曲からちょっとだけ拝借しました。
今でもつい口ずさんでしまうとってもいい曲です。
片桐麻美さん、知っている人はきっと少ないですよね~…
「駅」は未だに私にとって大好きな楽曲です。

by ki_ex | 2010-06-25 02:57 | | Comments(2)

Commented by PlusMe2010 at 2010-06-25 23:32
こんばんわ〜
いえいえ。そんなたいしたことでもなく。。。^^

いろいろググったりしてみたらSilverFastのほうが一発でいい感じのがでるみたいですね。
私の場合VueScanは本当にユルいというか(笑)
その後自分の好みにSILKYPIXでガシガシと変えていくって感じです。
(でも、新しいバージョンのは前のものに比べて良くなった気も。。。)
中判は同じ設定でもしっかりとスキャンされるのでフォーマットの違いもあるんでしょうね。
RAWで出力してネガデータを反転したらものすごくユルーい世界が広がっていてビックリしました。。。

日本語って所が。。。でも、説明書?が読んでもイマイチ、ピンとこないので^^
翻訳がおかしくなってしまって。。。(笑)
なんとなく、適当に設定してる訳です。あはは。
Commented by ki_ex at 2010-06-26 03:11
>+meさん
いや、おかげさまで選択肢が増えました~^^
更にフィルム撮りが楽しくなりそうです。

基本的にフィルムの時は出来る限りフィルムらしさを残すために、スキャン後はトーン以外はあまり調整しないのですが、それでも時々色味も追い込みたい時もあるので、そういう時はVueScanは良さそうだな~…と感じました。
是非導入してみたいと思います。

翻訳のマニュアル、確かによくわからないですよね~…
実はSilverFastにもマニュアルだけは日本語版があるので、少しは真面目に読もうと思うのですが、読み進めれば進めるほど?マークが沢山出てくるので、私も結局勘に頼ってます。
使っているうちに理解できるかな~…と思っているのですが…