2月になれば…

f0121181_13388.jpg
OLYMPUS E-PL1 & Ai NIKKOR 135mm F2.8



撮影日時 2011年02月13日 08時01分31秒
シャッタースピード 1/640
絞り F4.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.3
感度 ISO100
焦点距離 135.0mm(35mm換算270.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro 5.0 Beta
WEB最適化処理 Photoshop CS5


先日は申し訳ございませんでした…
ブログを更新するのもやっとぐらいに意識朦朧とした状態でしたもので…
やはり寝不足がたまってるからですかね~…
とかいいつつ、今日もこんな時間だし…
ということなので、今日もすこし短めで…

先日買ったというジャンクレンズは、撮影データに表記のニコンの135mmです。
今のシステムに超望遠域が無いというのもあるのですが、実は135mmは以前から欲しいな~…とは思っていました。
しかしながら、コンパクトなE-PL1と組み合わせるとなるとなかなかいいのがなくて、手をこまねいていたのですが、先日訪れたカメラのキタムラでたまたまお値ごろなジャンク品があったので、「これなら万が一失敗してもいいか…」とそのまま衝動買い。
ニコンのレンズはどうしてもカラーバランスが好みにあわないものが多いので、本当はヤシコンマウントのコンタックス製を狙っていたのですが、さすがにコンタックスの135mmF2.8の価格相場の10分の1だったらまあいいでしょう…とそんな感じでした。

ということで、実際使ってみての感想なのですが…
ニコンのレンズ全般に言えることなのか、ただ単に古いレンズだからなのか、やっぱり緑と茶色がちょっと不自然…
まあ、最近はあまり圧縮効果を狙ったカットは多く無いので、このレンズもあまり登場する機会は多く無いと思うので良いのですが、以前持っていたニッコールの200mmもこんな感じだったな~…

それから、これは明らかに古いからなのですが、パープルフリンジはF4.0まで絞っても出ます。
それ以上のF値はよく検証できていないのですが、これはオールドレンズの宿命みたいなものですね…
ただ、実は今使用しているSILKYPIXの最新ベータ版にはこの「フリンジ軽減」機能なるものが搭載されていて、これがなかなかいい仕事をしてくれる。
これまで、ノクトンでも58mmとかは絞り開放では派手にフリンジが発生していたのですが、この機能のおかげでかなり助かっているのですよね~…

まだ試されていない方は是非…
オールドレンズ愛好者にはとっても嬉しい機能です。

by ki_ex | 2011-02-14 02:01 | | Comments(0)