秋ごころ

f0121181_23552693.jpg
OLYMPUS E-P3 & M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8



撮影日時 2011年09月14日 07時38分14秒
シャッタースピード 1/4000
絞り F2.2
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -2.0
感度 ISO200
焦点距離 45.0mm(35mm換算90.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop CS5


E-P3とGXRを向かえて、今後のシステム構成を思案中…
当面の問題はE-PL1の処遇…

私の撮影スタイルを大きく変え、写真の楽しみ方そのものも変えてくれた大事なカメラ。
なのですが、もうだいぶ相当数シャッター切っているはずなのと、E-P3と用途がかぶるだけに登場機会は減少気味。
やはり順当にE-PL3とリプレースするのがいいのかな~…

で、あともう一つ困ったことというか、別に困ってるわけではないのだけど、どうなのかなあ…という現象が。
これまではPenを補完する形として高画素、高画質の一眼レフ機の導入を考えていたのですが、GXRを手にしてから、これ以上の画質が期待できるのかと考えると二の足が…
当初はK-5とかEOS 7Dとかどうかなあ…と思っていたのですが、すっかり萎えてしまいました…
そもそも一眼レフのレスポンスは私の撮影スタイルでは必須ではないですからね~…

画質だけで考えた時、おそらくGXR以上を求めるとなると、最低でもα900、D3xクラスでないと…
あとはSD1、645D、M9…
こうやって並べてみると一番現実的なのはα900ですが、そうなるとレンズをまた一から揃えないといけないというデメリットが…
その上、この中でライブビュー使えるのってD3しかないんですよね…
GXRの仕上がりはそれくらいいいんです。

ということで、物欲が抑えられて返っていい現象なんではないかとも思うのですが、それでもやっぱり1台くらいはちゃんとした一眼レフ欲しいなあ…と思いつつも、じゃあどれにする?となるとこれってのがない状態で、う~ん…なんだかなあ…(笑)

by ki_ex | 2011-09-15 00:26 | | Comments(0)