ビルの街

f0121181_0191773.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 & Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC



撮影日時 2011年09月16日 14時35分54秒
シャッタースピード 1/3000
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.7
感度 ISO200
焦点距離 35.0mm(35mm換算53.4mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro 5
WEB最適化処理 Photoshop CS5


今日は家の用事済ませた後昼頃家を出て、新宿でお買い物と渋谷と小川町で2件の写真展鑑賞。
で、何を思ったか、新宿から渋谷まで、電車に乗るのが面倒くさかったので、徒歩でお散歩スナップ。
今、足が痛いです…

距離的にはたいしたことないはずなんですけどね~…
ああ情け無い…

GXRの画像の仕上がり、解像感以上に気に入ってるのは、シャドー側の伸び。
オリンパスのカメラも同様にシャドー側がよく伸びるので、私が「好ましい」と感じる画像の傾向はここにあるんでしょうね…

チマタではハイライトがどうしても注目されがちですが、シャドーの表現力は私にとってはもっと大事。
これを安易に潰したりぼかしたりするカメラは、よくよく考えると長く手元に置いておいた記憶がないことに今更ながら気づきました。

by ki_ex | 2011-09-17 00:47 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kiphotolog.exblog.jp/tb/16564654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。