Alive

f0121181_2254363.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 & Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC



撮影日時 2011年09月16日 15時37分30秒
シャッタースピード 1/1410
絞り F2.8
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.7
感度 ISO200
焦点距離 35.0mm(35mm換算53.4mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro 5
WEB最適化処理 Photoshop CS5


最近はこのGXRとノクトンの組み合わせにE-P3と12mmの組み合わせの2台持ちがお気に入りのスナップ撮影スタイルです。
ま、2台持ちって時点でスナップとしてどうかとは思いますが…

皆様台風は大丈夫でしたでしょうか?
各地でかなり被害出ているようですが…
震災で被害受けた地域が更に被災するような事がなければいいのですが…

ちなみに、私の被害は傘1本全損です。
妻もやられてますので、我が家の被害は傘2本でした~
ま、この程度で済んだのはラッキーですね。
備えを怠れば次はないと思えるようになったのは、少しは震災の反省が活かせてるのかな…

そういえば、ついにニコンから出ましたね~
う~ん…なんというか、いい意味でも悪い意味でもニコンらしいというか…
やっぱりニコンは超弩級ガッツリ系の一眼レフはうまいけど、この手のコンパクト機は苦手という伝統は変わっていないようですね…
ま、ニコンのことだから造りはしっかりしているんでしょうが、ニコン伝統の入門ユーザーをバカにしたようなインターフェースまで引き継がれていなければいいのですが…

フォーサーズよりも更に小さなイメージセンサーということで結構期待していたのですが、サイズも微妙、画質も微妙(サンプルデータ見る限り)、拡張性も微妙…
デザインについては好みの分かれるところかもしれませんが、私的には正面や上面からならJ1は許容範囲、V1は…微妙…
背面についてはJ1、V1ともに…う~ん…(-ω-;)
像面位相差AF入れてきたのはさすがニコンと思いますが、この手のカメラのターゲットユーザーでそれを必要とする人はどれくらいいるのか…
お子さんとか撮るのが主体のパパママカメラマンなら魅力的に映るのですかね~…
でも、それだったらパナやオリンパスの追跡AFでも充分イケルと思いますが…

これならまだNEXの方が実用的でいいかなあ…と思うのですが、やっぱりニコンのブランド力で売れてしまうんですかね~…
なんというか、改めて私はニコンが性に合わないのだと再認識させられました…
何がダメって、ニコンの入門機への手の抜き加減がどうにも…
唯一、J1のピンクは「あれっ?いいかなあ…」と思ったけど、背面が黒のよう(何故か背面の製品写真が異様に少ないのであくまで想像)なのでちょっと萎えた…

おまけ…
よくよく考えると、私が気に入るメーカーって、オリンパスを筆頭にリコー、ペンタックスと、入門機に力を入れてるメーカーばかりだということに今更ながら気がついた。
一眼レフはやっぱりK-rのカラバリとかにしようかな~(笑)

by ki_ex | 2011-09-22 00:56 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kiphotolog.exblog.jp/tb/16586640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。