秩父寸景

f0121181_23395096.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 & Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC



撮影日時 2011年09月29日 13時35分11秒
シャッタースピード 1/410
絞り F2.8
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.7
感度 ISO200
焦点距離 35.0mm(35mm換算53.4mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro 5
WEB最適化処理 Photoshop CS5


最近、ネイチャー系はE-P3、スナップはGXR、気が向いたらDP2xという棲み分けができてきてるような気がします。
一眼レフの登場機会がない…

ちゃんと使える一眼レフは1台くらいあったほうがいいとは認識しているのですが、ここ最近サーキット撮りも機会がないですし、鳥追っかけるほど根気強くないですし、一眼レフのレスポンスが必須となるような撮影シーンが私の場合ほとんど無いのですよね~…
K-5も中古価格下がってきて、またペンタックス復活しようかな~…とか考えるのですが、私の撮影シーンってむしろミラーレスの方がメリット大きい撮影が多いので、二の足踏んでます。

明日、1年半お世話になったE-PL1をお嫁に出そうと考えているのですが、その後がまだ決まってません。
順当に行けばE-PL3かE-PM1、もしくは今、価格が暴落しているE-PL2あたりとリプレースだと思うのですが、GXRを導入したことでPENシリーズの2台持ちってあまり意味が無いように思えるし、かといって、E-PL3のように超小型、バリアングル液晶の個性はE-P3とはまた違った魅力があるようにも思うし、小さいってことならGRDⅣも魅力的、でも、やっぱり一眼レフはあったほうがいいようにも思うので、もう一度K-7いくか、K-5、はたまたいっそSD15とか…
本当はE-5と行きたいところですが、まだ中古相場でも高値つけてますし、現状、手持ちのレンズで使えるのはアダプタ経由のプラナーのみですので、実質レンズ資産は無いに等しいですから、他マウントに移るよりもコスト高…
ということで、手詰まり状態です…

ま、こうやって妄想ふくらませているうちが華ですけどね~…(笑)
やっぱり使いやすさと性能のバランス考えるとK-5かな~…

by ki_ex | 2011-10-01 00:04 | 名所・旧跡 | Comments(0)