朝の匂い

f0121181_21514844.jpg
OLYMPUS E-P3 & M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8



撮影日時 2011年10月14日 09時35分23秒
シャッタースピード 1/640
絞り F2.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 +0.3
感度 ISO200
焦点距離 45.0mm(35mm換算90.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro 5
WEB最適化処理 Photoshop CS5


あいにくのお天気なので猫連投…
先日の楓に続いて今日は一番の暴れモノ、秀一です。

そういえば、先週チラッとお話ししましたが、とうとう観念してLightroom導入しました。
これまで、Photoshop Elementsでアルバム管理、Photoshop CS5で仕上げというワークフローでこなしていたのですが、カット数が伸びるにつれElementsの動きがおそくなり、いよいよ限界を感じはじめたので…
もっとも、ちょうどキャンペーン価格でお安く購入できたというのもあるのですが…

相変わらずRAW現像はSILKYPIXを使ってますし、乗り換えるつもりもないので、Lightroomはアルバム管理のみ。
なので、Lightroomの機能の半分も使えていないのですが、やはりそれでも導入したメリットは大きいかもしれません。

なにしろ、大量の画像データがサクサク快適に検索、ブラウズできるのは大きなメリット。
Elementsでは、管理するデータ数が4万カットを超えたあたりから徐々に動作が重くなって行きましたが、Lightroomでは6万カット超でもほとんどストレスを感じない。
Bridgeでは使い物にならなかったキーワード管理も、Elementsと同等以上の快適さで管理できるし、キーワード以外にコレクションによる管理も可能。
Elementsではやりづらかった実保存ディレクトリの管理も容易にできるなど、画像データを管理するために必要な機能はほぼ全て備わっているかもしれません。

唯一不満点といえば、Elementsにあった監視フォルダ機能に該当する機能がちょっと貧弱なこと。
ただし、その分、手動での読み込み機能はElements以上に強力なので、それでお釣りがくるくらいかも…

以前にバージョン1と2で試用した時はこんなに快適に使えなかったように記憶しているので、3になってだいぶ良くなったのですかね~…
もしかしたら、64bitネイティブ対応が効いているのでしょうか…
まあ、いまさらの話ではあるのですが、写真管理で悩んでいる方はそれだけでLightroomを導入する価値はあるかと思います。

by ki_ex | 2011-10-15 22:48 | 動物 | Comments(0)