我が家のケダモノ

f0121181_0102487.jpg
SIGMA SD15 & SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG



撮影日時 2012年03月10日 12時51分27秒
シャッタースピード 1/40
絞り F2.8
撮影モード マニュアル
露出補正値 ±0.0
感度 ISO100
焦点距離 50.0mm(35mm換算87.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop CS5


まあ、致し方ないことだとは思うのですが、どこもかしこも震災から一年ということで、どこかお祭りムード的な空気を感じるのですが、もう少し静かに一年を迎えられないものですかね…
ということで、今日はそれ絡みのカットにしようと思ったのですが、やめました。
少しでも心穏やかにいられるように、我が家のケダモノの大あくび写真を…(笑)

もう一年、まだ一年…
なんかどっちとも取れる一年だったような気がしますね…
本来なら1年も経てばある程度復興も進んできて、被災地のそこかしこで希望が見え始める時期だと思うのですが、今回は未だ災厄が続いているという異常事態。
原発関連ニュースは途切れること無く、解決の糸口すら見つからない状態でとうとう一年が過ぎてしまった。(政府は解決したと言っちゃってますが…(笑))

正直言うと、あの事故をきっかけに日本は変わる、変わらざるを得なくなると少しだけ期待したのですが、結果的に根本は何も変わらなかった。
相変わらず無関心が大多数を支配し、それをいいことに安穏と権力の座に居座る(しがみつく)者たちが甘い汁を吸い続け、緩やかに自滅の道を歩み続ける。
もし、今のこの状況を打破することができなければ、おそらく日本は数年後にはどうにもならない状況に追い込まれるでしょう。

ほんのちょっとだけ変わったかな…と感じるのは、それまでいくら声高に叫んでも変人扱いしかされなかったことが、少しはまともに聞いてもらえるようになったかな~…ってところでしょうか。
でも、この期に及んでもそうして耳を傾けてくれる人が未だマイノリティってのが今の日本のような気がします。

原発問題はただ単に放射能が危険だとかいうだけではなくて、それ以上に日本の構造的問題を内包しているということが大きな問題点。
おそらくは、そのことに気がついている人は私が思っていた以上に少ないのではないか、ということを最近特に感じています。
もし、この問題を日本人が日本人の手で解決できなかったとしたら、おそらくこの国は長く続かない。

そして、そのキーパーソンは政治家でもなく、官僚でもなく、私達一人ひとりの国民なのだということにこの一年間でイヤというほど思い知らされました。
政府の体たらくは他でもない、私達国民一人ひとりの鏡に過ぎないのです。

by ki_ex | 2012-03-11 01:58 | 動物 | Comments(2)

Commented by くら at 2012-03-11 12:26 x
僕の考えですが、日本人って未来を真剣に考え心配する能力に
欠けているんじゃないかな?って思うんです。
今さえ良ければいい、自分が生きている時代さえ何とかもてばいい、
50年後のことなんか誰も考えていない。
システマティックに考える能力にも問題があるし、「自覚」もいい加減。
強い信念で粘り強くパワフルにやり遂げる、そんな人々が大昔には
この国にはいたなぁ…
政治家はもちろん、官僚もダメ、国民は愚民、、、、
何をしなければいけないかをちゃんとわかっている賢い人たちは黙っている。
経済が一度すっかり破綻しなければダメなのかな? ってそうなりそうな雰囲気がとてもしますけど。。。。

あ、自分のことはすっかり棚に上げていました。
日本の棚は重くなりすぎてそろそろ崩れますね(笑)。
Commented by ki_ex at 2012-03-12 01:43
>くらさん
日本の教育制度そのものが、健全な思考力を奪う方向に働いているのではないかと私は感じます。
これも日本の構造的問題のひとつかもしれないですね…
何年も英語教育受けても、英語話せるようになる人がほとんどいないのも、こういうところにつながっているかも…

経済大国だという奢りも多大に悪い方向に働いていると思うので、むしろ一度堕ちるところまで堕ちた方がいいのかな~…という気もしますが、そうなった時に果たして日本という国が存在していられるのか…
やっぱりどこかでみんなが「このままじゃダメだ」ということに気がついて方向転換しなければいけないと思うのですが、なかなか難しいですね~…

希望は失いたくはないとは思うのですが、明るい材料が全く出てこない現状は本当にもどかしいです。