狛犬

f0121181_23354939.jpg
Leica M6 & Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Aspherical



撮影日時 2012年08月29日 12時18分
シャッタースピード 1/30
絞り F8.0
撮影モード マニュアル
露出補正値 ―
使用フィルム Kodak PORTRA 160N
感度 ISO160
焦点距離 12.0mm
測光方式 中央部重点平均測光
スキャン EPSON GT-X970
スキャニングソフト SilverFast 8
WEB最適化処理 Photoshop CS5


これより先、神の世界也。



今日はノンデジタルデー!と題してM6パンダさんだけをお供に都内スナップ。
カメラのキタムラで1時間で現像してもらってスキャニング始めたのですが、未だ進行状況は半分ほど…
しかも、全部スキャニングが終わったら撮影データの整理も待っているので、今日全て仕上げるのは諦めて、とりあえずスキャン出来上がったカットだけピックアップしてみました。

ウルトラワイドヘリアーはGXRに付けると換算18mmと、それでも充分超広角レンズなのですが、M6に付けるとまんま12mm。
やっぱりパースが強烈ですね…

ここまでの超広角になると、数ミリフレーミングが変わっただけで全然絵の印象もアングルも変わってしまうのですが、レンズに付属のビューファインダーがイマイチ(それでも最近少しは慣れた)なのと、レンジファインダーの宿命とも言うべきパララックスにより、数ミリ単位のフレーミングのコントロールなんてはっきり言ってムリ。
なので、ビューファインダーで大体どれくらいの範囲がフレームに収まるかを確認したら、あとは勘…
まあ、勘とはいっても、レンズの軸線に視線を合わせて大体は合わせるのですが、まあ、ほぼノーファインダーに近い状態での撮影です。

そして、当然フィルムですから、その場で確認なんて出来ませんので、自分の勘が正しかったかどうかなんて現像仕上がってくるまでわからない。
そんなアナクロな撮影もたまには楽しいもんです。

by ki_ex | 2012-08-30 00:08 | 名所・旧跡 | Comments(2)

Commented by bluejet_999 at 2012-08-30 22:29
これは・・・(☆o☆)

水準器も使わないと
全滅しそう。。。
Commented by ki_ex at 2012-08-31 00:33
>bluejet_999さん
そういきたいところなのですが、水準器使うとビューファインダー使えなくなるというジレンマが…(笑)
ツァイス・イコンSW欲しくなりました。(^^ゞ