階段小路

f0121181_22105573.jpg
Leica M9 & Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 SC



撮影日時 2013年02月22日 15時32分17秒
シャッタースピード 1/500
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.3
感度 ISO400
焦点距離 35.0mm
測光方式 中央部重点平均測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio Pro
WEB最適化処理 Photoshop CS5


東京には、車はおろか自転車の通行すら拒むような階段の小路が多い地域がある。
少ない土地に都市を押し込めるため、元来、獣たちの棲み家であった山野にまで、人間の生活圏を広げた結果だろう。
果たしてそれは本当に人々に幸福をもたらしたのか…などと小難しいことを考える前に、これはこれで情緒を感じたりするのだから不思議だ。



基本、M9はほぼモノクロ専用機と化しているのですが、たまにはカラーもいいですよね…

M9がモノクロ専用機になっているのは、別に発色が悪いからというわけではなくて、私が度々お話する階調性が高いから。
特にM9はシャドー側の階調は秀逸。
モノクロは白と黒の階調のみで表現するので、カラー以上に階調性が求められるのです。

歳のせいで疲れが抜けづらくなっているのか、一昨日のギャラリー巡りが身体に響いている様子…
なんか、一行文章打つ度にどこかにトリップしているので、今日はこのへんで…(笑)

by ki_ex | 2013-02-25 00:45 | スナップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kiphotolog.exblog.jp/tb/18688663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。