ビルの谷間

f0121181_23503229.jpg
OLYMPUS E-P5 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0



撮影日時 2014年01月09日 16時15分37秒
シャッタースピード 1/200
絞り F2.8
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.7
感度 ISO200
焦点距離 12.0mm(35mm換算24.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


ビルの谷間の先に見えたのは暗雲だった。
まるでこの街の先行きを暗示しているかのよう…


昨日も早く寝ようと思っていたのですが、つい本を読みだしてしまい、結局寝たのは3時過ぎ…
ちなみに、読んでいる本はこちら↓です。

写らなかった戦後 ヒロシマの嘘

福島 菊次郎 / 現代人文社



福島菊次郎さんの著作は以前から読みたいと思っていて、この本も結構前に手に入れてはいたのですが、かなりヘビーな内容だけになかなかページを開くことができず…
ただ、このところ首相の靖国参拝や戦争賛美映画のヒットなど、なにやら日本全体が良からぬ方へ進んでおり、これを機に読んでおきたいと思ってようやく読み始めたのでした。

…が、やっぱり予想通り内容はかなりヘビーなもの…
読み進めるごとに暗澹としてくる…
とにかく救いようのない内容なので、スッキリした読み心地をお望みの方にはとてもじゃないですが勧められないのですが、これが戦争の現実なのだと思うと読まずにいられなくなる。
結果、気持ちは落ち込み、寝不足は助長される悪循環…

これを読んでいると日本が如何に先の戦争と向き合ってこなかったかがよくわかります。
前々からわかっていたことではありますが、改めて日本がどんな国なのかが見えてくる。

決してオススメはしませんが、できるだけ多くの人に読んで欲しい本です。

ちなみに、戦争ものの著作でスッキリ読みたいならこうの史代さんの漫画はオススメです。
こちらは途中、辛く哀しいシーンもあるのですが、全編どこか朗らかで希望の持てる終わり方。
当時の世俗や価値観、考え方もうまく描かれていて、違う面で先の戦争はなんだったのか、感じることができると思います。
なんとかの0とかいう映画よりもよっぽど戦争の姿を垣間見ることができると思いますよ~(なんとかの0、観てないからしらんけど…(笑))

今日はちょっと中休みでこっち読もうかな…
でも、こっちもこっちで読み始めると止まらなくなるのですよね~…(TдT)

夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

こうの 史代 / 双葉社

スコア:


この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)

こうの 史代 / 双葉社

スコア:


この世界の片隅に(後編) (アクションコミックス)

こうの 史代 / 双葉社

スコア:


by ki_ex | 2014-01-22 00:27 | スナップ | Comments(0)