旅に出る理由 その4

f0121181_0112567.jpg
OLYMPUS E-P5 & M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8



撮影日時 2014年03月06日 12時01分45秒
シャッタースピード 1/800
絞り F2.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 +0.3
感度 ISO200
焦点距離 25.0mm(35mm換算50.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


「そんなんで旅って言えるの?」彼女はいたずらっぽい笑みで問いかける。
まあ、でも、近いと言ってもまだ訪れたことのない地に足を踏み入れているのだし…
…相変わらずこんなところに来てまで言い訳がましい自分にちょっと苦笑…

※モデルさんに対する誹謗中傷は一切お断りします。
また、モデルさんに関するご質問についてはお応えしかねますので、ご了承ください。



4日目はちょっと引きのカットで…

風邪だとか、モデル撮影だとか、私がカメラなんかにかまけてる暇もない間にいつの間にかカメヲタ界隈では光線漏れがトレンドらしく、いろいろ興味深い実験結果が…
そもそもの発端はS社のアレですが、そこからF社のアレに飛び火し、N社のアレとか、C社のアレとか…
一体どうなっているのやら…

一眼レフの場合、構造上ファインダーからの入射光をカットするのが難しいのでわかるのですが(それでも意外な機種がアイピースシャッター無しでしっかり防げたりしてたな…)、ミラーレスは構造上光線漏れは発生しづらいはずなので、S社のアレとF社のアレは実用上ほとんど問題ないとはいえ、品質管理にちょっと問題あるのでは…
製品の開発スパンが短すぎてそこまで手が回っていないのか、短い製品サイクル見越してその辺りはあえて手をかけていないのか…
でもなぁ…いくらデジタルになってユーザーの買い替えサイクルが早まったとはいえ、大抵のユーザーは購入時にどのカメラがいいかよ~く吟味して、愛着を持って買う人がほとんどなのだから、これはどうにかすべきじゃないですかね…

予てから製品サイクルの短さと低価格化に危惧を抱いてましたが、だんだんとその危惧が現実になりかけているような、そんな気がします。

あ、ちなみに、私が愛用しているO社のアレはどうやら大丈夫なようです。
O社は案外こういうところしっかりしてますからね…

by ki_ex | 2014-03-10 01:12 | | Comments(0)