高架橋

f0121181_012329.jpg
OLYMPUS E-P5 & LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.



撮影日時 2014年05月23日 13時52分13秒
シャッタースピード 1/800
絞り F4.0
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -1.3
感度 ISO200
焦点距離 15.0mm(35mm換算30.0mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


そのコンクリートの重みに、この街は耐えられるのだろうか。


先日はつい毒づいてしまいましたが、毒づきついでにちょっと冷静に昨日の続き…

「フィルム最高ヽ(`▽´)/」、「フルサイズ最高ヽ(`▽´)/」な人はちょくちょくネット上で見かけますが、そういう人はまず、もっと写真展とかに足を運んでいろんな写真を見たほうが良い。
たかだかブログ上にアップした「画像」をパソコンのモニタ越しに見ただけで「立体感が…」とか言ってる時点で浅はかな知識で頭でっかちになってるのがバレバレなのですよ。

モニタ出力を最終的な出力形態とした表現ならまだしも、今のところ多くの写真はプリントが表現の最終目標としてるのがほとんどなので、プリントを見ない限りはその人がどんな表現を目指してるのかなんてわからない。
ブログ上では大して感じないのに、実際にプリント作品見たら「うわっ!この人の写真ってこんなにクオリティ高いんだ!」って驚くことなんて珍しくない。
とても新鮮で美味しそうなゴーヤの写真が「実はスマホで撮りました♪エヘッ♫」と言われた時の衝撃を、たくさんの写真展を見て味わってみるといい。(実際に私が体験したこと)

そういう体験をしてしまったら、とてもじゃないが恥ずかしくて「フィルム最高ヽ(`▽´)/」、「フルサイズ最高ヽ(`▽´)/」なんて言えないはず。
もし言えるのだとしたら、頭でっかちになりすぎて審美眼が濁ってると思った方がいい。

これは私が今までに何度も言ってることですが、だからといって私はフィルムやフルサイズがダメだと言ってるのではない。
というか、「このカメラは自分には合わない」と言ったことはあるけど、「このカメラはダメだ」と言ったことなんて一度もないし、「フォーサーズ最高ヽ(`▽´)/」なんて言った覚えもない。
私がいい悪いを言う時は、必ず「~だからいい」、「~だから悪い」と理由を付けてるはず。(時々めんどくさくて省いてるかもしれないけど…)

そもそもいいところも悪いところもひっくるめて愛せるのがカメラという機械の特殊性であり、それができるのが本当のカメラ好きだと思うので、「やっぱりフィルムじゃないと~」とか、「やっぱりフルサイズじゃないと~」とか言ってる人は私からしたら「ホントにカメラ好きなの?」と疑いたくなる。
多分、そういう人ってカメラ好きを装った「画像マニア」か「機械マニア」何じゃないの?と思ってしまう。
で、多分、そういう人とは私は相容れないし、話も盛り上がらないと思う。

またまたちょっと話が過激な方向に行ってしまったので軌道修正…

とにかく、上記のようなことに身に覚えのある方は、ぜひとも写真展に足を運んで欲しい。
地理的になかなか質の高い写真展を観覧できる環境にない人もいると思いますが、そういう人はAmazonとかで単価5千円以上の値段高めの写真集を集めてみるといいと思います。
1年に一回、最新のデジタルカメラに買い換えてるのを、1年半に一回にするだけでそれぐらいのお小遣い回せるでしょ?
多分、最新のデジタルカメラ手に入れるよりよっぽどためになると思いますよ。

余談ですが、私は今、インスタントフィルムを使ったカメラに恋してます。
こないだの公募展で一緒に出展されてた方が、ピンホールカメラでインスタントフィルムに焼き付けた作品を展示されてて、その作品がとても素晴らしかったからなのですが、多くの写真展を見ているとこうした様々な表現手法を知ることができて、自分の表現の幅を広げることができるので、そういう意味でもたくさんの写真展を回って、パソコンのモニタ上ではなく、ちゃんとしたプリント作品を観ることをおすすめします。

あ、ちなみに、インスタントフィルムを使ったカメラ、今、ロモのDiana(インスタントフィルムバックが付いてるやつ)狙っているのですが、つい先頃レンズ買ってしまったばっかりでお小遣いが…(TдT)
ピンホール機能も付いてるので、考えただけでワクワクするのだけど…

by ki_ex | 2014-06-05 01:19 | スナップ | Comments(3)

Commented by まきお929 at 2014-06-07 00:24 x
今晩は。
共感出来る部分があり、コメントを書かせて頂きます。

私の周りにも、機材自慢や機材ウンチクでうんざりさせてくれる人が結構います。その情熱?をもう少し、良い写真を撮る事に傾ければ・・・と、僭越ながら思ってしまいます。勿論、色々な機材に挑戦して可能性を広げる努力は、全然ありだし羨ましいなと思います(私は、今は安物だけど自分のカメラに超満足してる、現状安住型ですが・・・)。

審美眼、私も国内外の著名な写真家の写真を見る様になってから、少しずつ分かってきた気がします。良い写真を見極められる様になるためには、かなり努力が必要なんだなと思いました。
そうそう、写真大して撮ってないのに、「でも俺、写真を見る目は元々あるから」みたいな事を言う御仁、周りにいませんか? 豆腐の角に頭をぶつけて逝って欲しいです(笑)。
本当に良い写真って、誰が見ても良い写真、とは限らないのでは?と最近思います。見る側の審美眼が無ければ、その本当の良さを理解する事は出来ない訳で。まあそうは言っても、少しでも多くの人に「良い写真だね」って言ってもらえたら、悪い気はしないものですが・・・。

長文、すいませんでした。
Commented by ki_ex at 2014-06-07 19:06
>まきお929さん
ありがとうございます!
共感していただける方がいて嬉しいです。

この手の機材うんちく系の方々は写真どうこうよりも何で撮ったかの方が重要なので、写真展会場とかでも結構嫌われます。
個展とかで徐ろに「これってフィルムで撮ったんですか?」って聞かれて「いいえ、デジタルです」って答えたらそそくさと帰っちゃったなんて失礼な人もいるそうです。
素晴らしい写真を前にして、これがどのように撮られたのか知りたくて聞いてくるのならいいのですが、こういう人達ってまず真っ先に機材聞いてきて、自分の期待通りの機材じゃないと途端に態度が変わるんですよね~…
自分が使ったこともないカメラのうんちくを実際に使ってる人にたれてしまったり…(笑)

>良い写真を見極められる様になるためには、かなり努力が必要
良い写真を見分けるだけならそれほど難しくはないと思います。
自分の感性に素直になればいいだけなので…
ただ、自分の写真を上達させるには、その良い写真がなぜ良いのか分析する必要があるので、それには努力が必要ですね…
Commented by ki_ex at 2014-06-07 19:06
>まきお929
>本当に良い写真って、誰が見ても良い写真、とは限らないのでは?
そのとおりだと思います。
よく家族写真を引き合いに出されますが、家族写真ってその家族にとってはかけがえの無い最高の写真でも、家族でなかったり、そもそも文化圏が違う人にとってはなんてことないただの写真でしかないので…
人気のある写真家さんはより多くの人から共感を得られるような写真を撮れる人のことで、私も少しでもそれに近づけられたら…と思ってます。

私も嬉しくてつい長文になってしまいました…(笑)
これからもよろしくお願いします。