夏の昼下がり

f0121181_0355599.jpg
NIKON Nikomat FTN & New Nikkor 50mm F1.4



撮影日時 2014年08月01日 13時19分59秒
シャッタースピード 1/60
絞り F1.4
撮影モード マニュアル
露出補正値 ±0.0
使用フィルム ILFORD DELTA 3200 Professional
感度 ISO3200
焦点距離 50.0mm
測光方式 スポット測光
スキャナ Toylab
スキャニングソフト ―
最終仕上げ Photoshop CS5


夏の昼下がり、木のテーブルの上は涼しくて気持ちいいのにゃ♪


初めて使うフィルムです。
というか、フィルム時代、ISO1600がこれまでで最高感度だったように記憶してるので、ISO3200は記録更新です。
粒状感はいかんともしがたいですが、思ったよりいい感じで調子が出ていて、これなら積極的に使ってみてもいいかも…

かつてはISO1600でもかなりの高感度フィルムという認識でしたが、デジタルだともう当たり前のように使える感度なんですよね…
最近はフォーサーズですら普通に使えてしまうので、粒子荒れを表現に使おうと思ったらISO6400くらいまで上げないといけないくらい…
そうすると、今度はシャッタースピードが即上限に達しちゃうんで、返って表現の幅狭まっているという矛盾が…

個人的にはフィルムと同じくらいの程度で感度上げるごとにノイズがリニアに乗ってくれたほうがありがたいんですけどね~…
世の中的にはそういうのはどうも受け入れられないようで…

by ki_ex | 2014-08-13 00:54 | 動物 | Comments(0)