さよならのあとで

f0121181_2258027.jpg
Rolleiflex 2.8E & Schneider-Kreuznach Xenotar 80mm F2.8



撮影日時 2014年11月22日 17時37分19秒
シャッタースピード 1/15
絞り F2.8
撮影モード マニュアル
露出補正値 ±0.0
使用フィルム KODAK Portra 160
感度 ISO160
焦点距離 80.0mm(35mm換算43.7mm)
測光方式 単体露出計使用
スキャナ Toylab
スキャニングソフト ―
最終仕上げ Photoshop CS5


さよならをしたあとも、日常は続く。


本日をもちまして無事「全米が泣いた!」展終了しました。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。
尚、今回はちょっと変化球で展示作品と同時にブックを付けてみました。
今日の写真はそのブックの中の1カットです。
ちなみに、ブックはこんな感じ…
f0121181_23563760.jpg

我が家の里美ちゃんが産んだ悟志くんを里子に出す日の1日をブローニーフィルム一本に収めた写真をブックとしてまとめました。
そして、展示作品はこんな感じにしてみました。
f0121181_044782.jpg

普段の甘えてる由芽ちゃんを周りにあしらい、真ん中にムリヤリシャンプーされて「何すんのにゃ~ッ!!」と叫んだ一瞬を据えました。
タイトルは「裏切りの日」です。
今回のテーマが「ハリウッド映画のような大げさなテーマで」ということだったので、ハリウッド映画のようなタイトルを付けてみました。(笑)

これまで公募展への出展作品は「未発表作を1点のみ」という方針で出展してきたのですが、今回はその原則を崩しました。
まあ、テーマがかなり難しいというか、だれも経験したことないようなテーマだったというのもあるのですが(笑)、公募展で知り合った方から私がInstagramにアップした写真が面白いと強く推薦されたところから着想しました。
なので、今回展示した作品はほとんどが既にInstagramで使用した写真の寄せ集めです。
実は当初、この公募展はテーマが難しいのとスケジュールの問題でパスする予定だったのですが、これがきっかけで参加を決めたのでした…

そして、もうひとつの原則崩し、ブックですが、展示作品だけだと「全米が」の部分はクリアしているものの、「泣いた」の部分が欠けてるな…ということで付け足したものです。(笑)
ただ、こちらのブックは展示作品と違って以前から造ろうと思っていたもので、それをようやく重い腰を上げたというところでしょうか。
1カットだけすでにブログで公開した写真ですが、それ以外はすべて未発表作です。

里子に出すことが決まって、いよいよ当日という日、仕方がないとは思っていてもやっぱりちょっとお別れが辛くて、ふと思い立ってローライにブローニーフィルム詰めてその日1日を綴った写真をブックにまとめたものです。
振り返るのもちょっと辛くてなかなかまとめることができなかったのですが、ここで発表しておかないとおそらくもう機会はないだろうな…と思い、造りました。
ちょっと反則かな…とも思ったのですが、結果としてこのブックをとても気に入っていただけた方がいらっしゃって、出してよかったな~…と思ってます。

もうこのブックはお知り合いでない限りなかなかお見せする機会はないかと思いますが、やっぱり造っておいてよかったな~…と思ってます。
本当にありがとうございました。

ということで、前代未聞のテーマの公募展が無事終了しました。
次回は秋口になりそうですが、また参加予定ですので、その際はどうぞよろしくお願い申し上げます。

by ki_ex | 2015-07-20 02:03 | 公募展 | Comments(0)