捕らわれの姫君

f0121181_0115470.jpg
SIGMA DP2 Merrill



撮影日時 2015年08月15日 14時38分58秒
シャッタースピード 1/640
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先AE
露出補正値 -0.7
感度 ISO100
焦点距離 30.0mm(35mm換算45.9mm)
測光方式 多分割評価測光
記録方式 RAW
現像ソフト SILKYPIX Developer Studio Pro
最終仕上げ Photoshop CS5


門扉の向こうでひっそりと咲く百合の花が、まるで捕らわれの姫君のように思えた。


ものすごく久しぶりにDP2使ったのですが、やっぱり面白いカメラですね~…
せっかく持ってるんだからもうちょっと使おっと…

今日はM9とペアで撮ってたのですが、この2つのカメラ、共通点は写真を撮る以外に能がないところだと思ってます。
「そんなのあたりまえじゃないか!」って思うかもしれないですが、近頃のカメラってたくさんの機能が付きすぎて、こういうピュアなカメラって案外少ないのですよね…
まあ、どこまでが写真を撮るための機能かという線引も難しいですし、ほとんどのカメラは直接的ではないとしても、写真を撮るという行為を行うための補助としてたくさんの機能を付けているわけなので、果たしてこういう表現が正しいかどうか難しい所ですが、この2つのカメラは使ってると素直にそう感じるのです。

誤解なきように、機能の多いカメラを否定してるわけではなくて、こういうカメラも楽しいよ~…というお話でした…
失敗できない撮影ではなかなかこういうカメラは使いづらいですが、たまに持ち出すと良いリハビリになります。

by ki_ex | 2015-08-16 01:02 | | Comments(0)