表参道駅A3口

f0121181_23512016.jpg
OLYMPUS PEN-F & M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2
撮影日時 2018年01月12日 16時57分06秒



この界隈の賑わいに、人混みの苦手な私はついつい地下に逃げたくなる。


以前にも申しましたが、新宿、銀座あたりはだいぶ平気になったのですが、原宿、渋谷、青山あたりはどうも苦手ですね~…
恵比寿、目黒まで抜けてしまうと平気なのですが…
あの界隈は絶対文化圏違いますよね…

コンデジ浴を満たせたと思ったら、にわかにE-P1が欲しくなってきました。
そもそもはPEN-Fよりも軽くて小さくて気軽に持ち出せるマイクロフォーサーズ機が欲しいということは以前から考えていて、パナソニックのGX7 Mark IIあたりが有力候補になっていたのですが、PEN-Fとくらべて決して小さいとも言えず、ファインダーのグレードも同じパナソニックのGX8とくらべてもちょっと見劣りするので、どうしようかな~…と考えていました。
まあ、そもそもファインダー覗くような撮影は想定していなかったので、ファインダーのグレードが落ちるのはさほど大きな問題ではなかったのですが、大きさ、重さがPEN-Fと大差ないというのはやはり気になっていて、かと言ってGFシリーズとかE-PLシリーズはどこか高級感に欠けるし、もっと手にして楽しく感じるカメラはないかな~…と考えていたら、ふとE-P1が思い浮かんだのでした。

もう9年近くも前のカメラですが、よくよく考えるとかなり割り切った設計でしかも作りが良くて、PEN最上位シリーズでは一番小型軽量だし、E-PL1から本格的に一眼レフからミラーレスへ移行したので、E-P1とE-P2は手に入れた事自体なかったのですよね~…
E-P3以降は歴代PEN最上位機種はずっと手にしていたのですが…
ということで、E-P2はデザイン的にあまり好きではないので、E-P1がいいな~…という結論に至ったのでした。

もう既に程度の良い中古は玉数が少なくなってきている機種ですので、手に入れるなら早いほうが良いかと思うのですが、さてどうしましょう…
画質や機能だけで言ったらもっと新しいGFやE-PLクラスの入門機の方が断然良い選択だと思うのですが、カメラってそれだけじゃないですからね…

クラシックなフィルムカメラ熱が落ち着いたと思ったら、ここ最近、クラシックなデジタルカメラ熱が上がってきているのでした。(笑)

by ki_ex | 2018-01-15 00:13 | スナップ | Comments(0)