厚い雲の下

f0121181_01225351.jpg

OLYMPUS PEN-F & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 MACRO
撮影日時 2018年10月12日 13時58分42秒





厚い雲の下、近づく冬を待ちわびる。


オリンパスの30mmマクロは持ち出す機会がほんと少なくて、処遇をどうしようか悩むレンズなのですが、マクロ域での描写はとても良いし、使ってみると楽しいのですよね…
こういうレンズが一番判断に困る…

F3.5という微妙な開放F値のためか、あまり話題にも上らない地味なレンズですが、マクロ域での解像感、階調性、ボケ味はすばらしいです。
等倍以上のマクロ撮影ができるのも特徴。
欠点としては、通常距離での撮影では解像感がイマイチなところでしょうか。

マクロ主体で撮るなら、安価ですし絶対にいいレンズです。
焦点距離が短めなので、距離感的にテーブルフォトとかにはうってつけかもしれない。
巷では大口径の明るいレンズばかりが取り沙汰されがちですが、こういうレンズももっと注目されてもいいと思うのですけどね~…

まずは自分がもっと積極的に使おっと。

by ki_ex | 2018-10-18 01:37 | 自然 | Comments(0)