オールドタイマー

f0121181_01013550.jpg

OLYMPUS E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
撮影日時 2018年12月12日 23時00分04秒





長年使い込まれてますが、まだまだ現役です。


35 SPのズイコー42mm、なかなかいい写りするのですよね~…
レンジファインダーの二重像が薄くなっていてピントが合わせづらくなってますが、ちゃんと現役で撮れます。
今度このカメラにポートラ詰めてどっか行きたいな~…

もうZ 6飽きたので今日はE-M1で…というわけではなくて、ボケ味の違いを確かめたくてテスト撮りしたカットが思いの外良かったので、このカットを選んだのでした。
極力条件を揃えてE-M1、Z 6、X-E3でそれぞれ撮影したのですが、E-M1の結果が一番良かったので…

ちなみにZ 6の撮影結果はこちら。
f0121181_01103223.jpg
レンズは50mm、F値は2.8で同じ撮影距離で撮ってます。
三脚座からのレンズ光軸位置の違いで若干アングル違いますが、大きく撮影条件は変わってないはずです。
マイクロフォーサーズの25mmとフルサイズの50mm、画角はほぼ一緒のはずですが、縦横比の違いでだいぶ印象は違いますね。
ただ、カメラ上の玉ボケ見ると、大きさがほぼ一緒なのが興味深い。
あと、露出はハイライトを基準に決めてますが、Z 6の方がアンダーに見えるのは、オリンパス機よりもシャドーの落ち込みが早いからでしょうか。
ニコンはシャドーの落ち込みが早い…というか、むしろオリンパスのほうがシャドーの伸びがいいと言えるのかもしれない。
オリンパスは昔からそんな傾向あったので。

ついでにこちらがX-E3です。
f0121181_01104277.jpg
レンズは35mm、F値は2.0です。
フジの35mm F2は近接撮影になると画角が変わる、昔のマクロモード付きレンズのような仕様なので、スペック上は同じ画角のはずなのにかなり印象違うと思います。
というか、明確に画角が狭いですね。
縦横比はZ 6と同じなので、本来ならZ 6とほぼ同じような絵になるはずなのですが。

極力条件揃えたつもりですが、カメラ自体の仕様の違いでうまく揃わずあまり公平な比較にはならなかったですが、こうして並べてみるといろいろ見えてくるものがありますね~…
面白い。

またもうちょっと条件の揃え方考えてやってみよっと。

by ki_ex | 2018-12-13 01:27 | 身のまわりの物 | Comments(0)