朝の交差点

f0121181_23031554.jpg

FUJIFILM XF10 & FUJINON SUPER EBC 18.5mm F2.8
撮影日時 2019年01月23日 07時24分58秒





この日は交差点が神々しく見えた。


雲に隠れた朝日がキレイだったので、信号待ち狙って首から下げてたXF10でパチリ。
こういうことができるのはXF10のようなコンパクトカメラの強みですね~…
Z 6でもできないことはないかもしれませんが、かなり大変でしょう。

コンパクトなカメラを好む私ですが、実はフィルム時代はいわゆるフラッグシップ機と呼ばれるようなカメラボディと大口径単焦点レンズの組み合わせでブイブイ(言わせていたかは微妙ですが…)言わせていたのですよ。
でも、ある時、どんなにいいカメラとレンズでも「あっ!」と思った瞬間にカメラを構えられなければ意味がないな…ということに気づき、コンパクトなカメラを嗜好するようになったのでした。

まあ、求められる画質とか作品性とかによって大きさに幅はありますが、そのフォーマットの中で極力小さい方がいい。
今、手元にあるカメラはすべてそういう考え(当然、小ささだけではありませんが…)で揃えてます。

で、そんな中、オリンパスさんから噂されている例のアレが出るようですが、どうなのでしょうね…
まあ、小さいだけが良いとは思いませんし、そういうコンセプトのカメラがあってもいいとは思うのですが、ちと大きすぎなような…
せめてバッテリー1個のみのバリエーションでもあれば考えなくもないのですが、私の場合、あの手のカメラはモータースポーツ用途くらいしか考えられないので、そのためだけにあの値段と大きさ、重さはちと考えてしまうな~…

まあ、実際手にしてみたらコロッと考え変わるかもしれませんが…(笑)

by ki_ex | 2019-01-23 23:23 | 自然 | Comments(0)