プレミアム

f0121181_03453084.jpg

OLYMPUS E-M1 Mark II & Voigtlander NOKTON 42.5mm F0.95
撮影日時 2019年02月18日 22時03分15秒





最新のデジタル機でありながら、手にするだけで嬉しくなる特別なカメラ。
後にも先にもこれが最後…ということにならぬことを切に願う。


どうやらPEN-Fがディスコンなのだとか…
「後継機が出る」なんて噂も一時期流れていましたが、最近はその噂もとんと下火になってしまいました。
すっかりミラーレスも一眼レフスタイルが主流になって、こういうカメラは人気がないようですし、やっぱりやめてしまうのですかね…
大好きなんだけどな~…こういうカメラ…

格好だけじゃなく中身もプロユースのハイエンド機並みのレスポンスで、ほんとにいいカメラなんですけどね~…
ファインダー位置がレンズ光軸からずれているのが不人気のいち要因なんて言われてますが、そんなこと言ったらライカMだってズレてるじゃん…なんてブツブツいいたくなるのは私だけでしょうか…(笑)

手にするだけで嬉しいカメラというとX-E3なんかもそうですが、X-E3はパワーが足りないのですよ。
パワーも所有感も両立しているカメラって、私の知る限りこれしかないように思う。

せっかくの100周年記念ですし、オリンパスさんにはぜひ後継機の開発を…
もし出してくれたら一生ついていきますよ。(笑)

by ki_ex | 2019-02-19 04:05 | 身のまわりの物 | Comments(0)