growing up

f0121181_04360585.jpg

NIKON Z 6 & SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN
撮影日時 2019年07月26日 13時45分07秒





薄暗い森の奥、ひっそりと、でも確実にその植物は成長し続ける。


来ちゃいましたよ…
2本目のE-Mount…
これだからこういうマウントアダプターは困るんです…
若干挙動不審ですがAFもちゃんと使えるし、絞りもレンズ側の絞りリングをAポジションにしておけばカメラ側からコントロールできます。
45mmという焦点距離もとっても絶妙というか、シーンを選ばず使いやすい。
レンズの造りはかなりしっかりしていて、とても低価格帯を謳うConntemporaryレンズとは思えないほど。
なんと言ってもフードが金属製で遮光性も十分確保できそうな深さなのがフードマニアの私には最高の美点でした。
これだけでこのレンズを選んでもいいのでは…と思うほど。

描写も撮影距離にかかわらず均一してシャープで、開放では若干周辺光量落ちが目立つものの像の荒れも見られない。
近接時のボケもとてもなだらかでキレイで、まるでArtレンズのよう。
これが6万円弱で買えるってもしかしてバーゲンプライスなのでは…と思ってしまうほどよくできたレンズです。

何よりも軽量コンパクトなのがいいですね~…
ZマウントのF1.8単焦点もそれなりにコンパクトですが、マイクロフォーサーズとかと比べてしまうとやっぱり大きくて重い。
このレンズならもっと気軽にフルサイズ機でも持ち出せそうです。

シグマさん、ぜひこのコンセプトのレンズ、中望遠、広角と今後ラインナップしていってほしいな~…
あと、ぜひネイティブのZマウントも…

by ki_ex | 2019-07-27 05:09 | 自然 | Comments(0)