変わりゆく街 ~鴻巣~ (15)

f0121181_093133.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
シャッタースピード 1/50
絞り F3.5
撮影モード プログラム
感度 ISO100
焦点距離 14mm(35mm換算28mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


最後だけカラーで。
捨てられた古いテレビです。

バック右上の駐車場の地面は完全に白飛びしていたのですが、SILKYPIXのおかげで何とか見られるレベルまで救済できました。(構図的にちょっとうるさい気がするけど…こればかりはSILKYでも補正は無理か…)

プロカメラマンや小うるさいハイアマチュアの方だと、「RAWは邪道だ!JPEG一発撮りだっ!」っていう方も多いようですが、私はRAWでの記録がメインです。
せっかくデジタルで記録しているのだから、デジタルならではの楽しみ方ができるのがRAWだと思っているので。

確かにプロカメラマンのように、一回の撮影で千カットとか二千カットとか撮る人だったら、現像処理だけで何日も掛かってしまうのでわかるのですが、私のように一回の撮影で100カットとか200カットくらいだったら、昼間に撮影に出かけて楽しんで、夜にパソコンの前で現像処理しながら楽しんで…と、1日の休日を2度おいしく楽しめるということで、最近は休日というとそんな生活サイクルを送っております。

ちなみに、この写真はSILKYPIXで”ノスタルジックカメラ”というテイストを加えています。
退色した古いプリントのような発色と、あえて周辺光量を落として古いレンズを演出してくれるので、結構気に入っています。

by ki_ex | 2007-03-02 00:33 | 街並 | Comments(2)

Commented by wind-ran at 2007-03-02 08:42
フィルムカメラの時は36枚撮りを一つだけ慎重に慎重に撮ってましたが、
デジカメに変わったとたんに多い時で200カット撮るようになりました。^^

現像処理方法でも写真の感じが違ってくるのでしょうか?
ちなみにわたしはいつもコダックで出しているのだけれど、わかる人が見れば
すぐにコダック現像ってばれるって言われました。^^;
Commented by ki_ex at 2007-03-03 00:29
>ちなみにわたしはいつもコダックで出しているのだけれど、わかる人が見れば
すぐにコダック現像ってばれるって言われました。^^;

それ、私も聞いたことがあります!
でも、とうとう違いはわかりませんでした… (-_-;)
私はフジが多かったので余計にかもしれないですが…(いいわけ、いいわけ…)

違いのわかる男には程遠いようです…

ちなみに、フィルムの現像処理の仕方でも調子や発色は変わるようですよ。
ただ、ポジの場合、現像処理方法まで指定して受け付けてくれるのはプロラボぐらいだと聞いていたので、私はそこまでお願いしたことはないのですが…
せいぜい増感現像くらいしかお願いしたことはありませんでした。