暮れゆく空

f0121181_23495113.jpg
OLYMPUS E-300 & ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5



シャッタースピード 1/800
絞り F7.1
撮影モード プログラム
露出補正値 +0.7EV
感度 ISO100
焦点距離 56mm(35mm換算112mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


今日は本当に久しぶりに花以外を狙って近場をうろうろしていたのですが、夕方になるにつれ雲が増えてきたので、雲の造形をメインで撮影してきました。
これはそのときの一枚です。
雲を狙っていると、視界に羽ばたく鳥が飛び込んできたので、迷わずシャッターを切りました。

仕上げをモノクロにしてみたのですが、暮れていく空の雰囲気が出てますかね…
光の筋と鳥の羽ばたく姿がそれを演出できていると思ってあえてモノクロにしてみたのですが、初心者が陥り易い思い込みに陥っているような気もするので、ちょっと不安はあったのですが…

モノクロで仕上げるかカラーで仕上げるかの基準は、私の場合だいたい3つの条件で決めています。
一つ目が作品意図。
ようは、撮影するときから「このシーンはモノクロで行こう」と決めているときです。
二つ目が思った以上に仕上がったときの絵がモノクロ向きの絵だったとき。
こちらは撮影のときは当然カラーで考えていますし、現像処理のときも一度はカラーで現像するのですが、よく眺めてみると「モノクロでも味があって良さそうだなあ」と感じたときです。
三つ目は、思った以上に色のバランスが悪かった時。
これは、どちらかというと失敗写真の救済策といったところでしょうか。
撮影時は「あっ、いいな」と思っても、仕上がってみると今一ということはよくあります。
こんなときは思い切って色を捨ててしまえ!というのがコンセプトです。

「えっ?RAWデータで撮影しているのだから色はどうにでもなるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、ここでいっているのは色そのものが悪いのではなく、絵全体の色のバランス(配色)が悪いということです。
例えば、一つの絵の中で色数が多すぎてどこかガチャガチャした絵になってしまっていたりとか、そんな感じと思っていただければいいと思います。

ちなみに、今回の写真は二つ目の基準で判断してみました。
色そのものは悪くはなく、カラーでも絵的には良かったのですが、ためしにモノクロにしてみたら思っていたよりも良かったのでこちらにしてみました。

参考までに、下の写真がカラーで現像したものなのですが、どちらが良かったでしょうね。

f0121181_0144642.jpg

by ki_ex | 2007-04-16 00:15 | 夕景 | Comments(3)

Commented by oragelion at 2007-04-16 00:37
こんばんは。
いい絵ですね。
カラーでもいいですが、モノクロの方が好きかな。
雲の陰影とこの構図だけで充分ヤラレます。。。
Commented by wind-ran at 2007-04-16 18:01
わたしはモノクロのほうがいいかなぁって思いました。^^
まっすぐに広がってる羽が気持ちいい感じです。
Commented by ki_ex at 2007-04-16 23:12
だいだいろさん、Fu-ranさんありがとうございます。
ということで、投票の結果モノクロに決定ですかね。(笑)
かなり思い込みが入ってしまっていたような気がするので、ちょっと安心しました。(^。^;)ホッ