おだやかな日常 ~足尾の印象 最終回~

f0121181_23561059.jpg
OLYMPUS E-410 & ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5



シャッタースピード 1/500
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先
露出補正値 -0.3EV
感度 ISO100
焦点距離 200mm(35mm換算400mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 5.0


ということで、最後は通洞駅から談笑しながら帰路につく地元のお母様方。
とっても楽しそうでした。

日も暮れかけていたので、もうちょっとホワイトバランスを崩して夕方っぽい演出にしようかと思ったのですが、あんまりわざとらしくしたくなかったので…
どっちがよかったでしょうねえ…

20日間(途中一日だけお休みさせていただきましたが…)に渡って足尾の写真を掲載してきましたが、振り返ってみると「もっと違うカットのほうがいいかなあ…」とか、「このカットって足尾らしいのか?」とか、「この順番でいいのか?」とか…、いろいろ悩むことが多かったのですが、その分勉強にもなりましたし、とても楽しかったように思います。

そして何よりも、最初に訪れたときはどこかよそよそしさを感じたこの土地が、自分の中でどこか懐かしい、また訪れたい土地になっていました。(ちょっとだけですが地元の方とお話もできましたし…)

まあ、たいそうな写真でもないのですが、そんな心境の変化を考えると、写真って見えるものを隠してしまうと同時に、見えないものを感じさせてくれるのかなあ…な~んて思ってしまいました。
だからこそ難しいし、面白いのかな…って…

とはいえ、私の写真が「見えない何か」を感じることのできる写真かどうかは別の話…
もっと修行して、そんな写真が撮れるようになるといいですねえ…

by ki_ex | 2007-10-12 00:43 | 街並 | Comments(4)

Commented by MAG at 2007-10-13 01:13 x
ki_ex さん、こんばんは。
最終回、ちょっぴり寂しくもあり、でも、また面白い視点のお写真も拝見できる機会でもあり....、違った意味で私も感慨深いです(笑)。

最後の足尾のお写真が、地元のお母ちゃん達のお写真というのは、素敵な〆かただな~なんて、ちょっぴりそんな風に思いながら見ていました。

写真は、見る人によっても、その時の気分によっても、そして朝と夜でも全然違って見えるので本当に不思議ですね。

ご感想の「初めはよそよそしかった足尾が...」の下りには、何かとっても感じるモノがありました。
20日間、楽しいお写真を有り難うございましたm(_ _)m
Commented at 2007-10-13 01:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ki_ex at 2007-10-13 19:53
>MAGさん
最後までお付き合い頂きありがとうございました。<m(__)m>
この写真を最後に持ってくるかどうかはかなり悩んだのですが、最後は本当になんでもない日常の風景にしたかったので…(^^ゞ

この街の歴史から、どこかで「きっと只ならぬ何かが隠された街」という勝手なイメージを抱いて撮影に臨んだのですが、実際には私たちと同じような生活が営まれていて、いい意味で「期待外れ」でした。
確かに過去には只ならぬ状況というのがあったのでしょうが、「今はこんなんですよ~」というのを感じてもらえたらな~…という感じです。^^
過去にどんな失敗を犯したとしても、人が「元に戻したい」という意思さえあれば、時間はかかるかもしれないですがきっとそれは叶うのかなあ…と…
…ちょっと格好つけすぎましたかね…(笑)
Commented by ki_ex at 2007-10-13 20:08
>鍵コメさん
そんなお話を伺ってしまうと、嬉しいようなこそばゆいような…
恐縮しきりです…(^^ゞ

プリントアウトの件は全く問題ありません。
むしろ、ありがたいくらいです。
値段つけて販売でもしない限り、大丈夫ですよ~(笑)

ただ、こんな写真でいいのかな~なんて思ってしまうのですが…^^
もっと勉強して、もっと喜んでもらえるような写真が撮れるようにがんばります。