石段を登った先

f0121181_2055914.jpg
OLYMPUS E-3 & ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD



シャッタースピード 1/100
絞り F6.3
撮影モード 絞り優先
露出補正値 -1.3EV
感度 ISO100
焦点距離 60mm(35mm換算120mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


今日は早めに…と思っていたのですが、ついドラマに見入ってしまいました…
1ポンドの福音、結構面白いですね~
ドラマにしては原作の世界観をうまく出せているような気がします。
小林聡美さんともたいまさこさんがいい味出してます。

先日の被写界深度のネタがちょっと尻切れトンボになってしまったような気がするので、今日もちょっとその続きなど…

「フルサイズは被写界深度が浅い」というのと同じくらいよく目にするのが、「フルサイズの方が被写界深度のコントロールの幅が広いから絵作りのコントロールがしやすい」というもの。
これも、ある面間違ってはいないのですが、言葉通りに受け取ると誤解を招くような気がします。

同じ焦点距離、同じF値、同じ撮影距離であれば、被写界深度は理論上同じになるということは先日もお話しましたが、この「被写界深度のコントロールの幅」についてもこの理論は変わりませんので、先日のお話と同様、「同じ画角、同じF値、同じ撮影距離」という前置きが必要になります。

さらに、この「被写界深度のコントロールの幅」を考えるとき、同じ明るさの被写体を同じ調子で撮ろうと思ったとき、被写界深度をF値でコントロールしようとすると、シャッタースピードも変わってきてしまうことになりますので、更に話がややこしくなります。

たとえば、フォーサーズで焦点距離25mm、F値2.8、撮影距離1mでシャッタースピードが1/60だった場合、これと同じ被写界深度の深さの絵を得ようとフルサイズで焦点距離50mm、F値5.6、撮影距離1mで撮ろうとすると、シャッタースピードは1/30まで落ちてしまいます。
まあ、1/30くらいならがんばれば手振れは防げますし、三脚があれば何とかなりますが、被写体ブレは如何ともし難いですので、こうなるとフルサイズの方が絵作りの面で返って不利となります。

ちなみに、ちょっと横道にそれますが、便宜上、上記の撮影条件が同一の絵が得られるとしていますが、実際には許容錯乱円の違いから同一にはなりません。
このあたりは話の本筋から逸れるのと、難しい計算とかが絡んでくるので、割愛させていただきます。

本筋に戻ります。
で、上の例はフルサイズが不利になる条件ですが、当然逆にフォーサーズが不利になる条件も考えられます。

で、結局何なのかというと、「フルサイズの方が絵作りの上で有利」かどうかは、撮影意図、条件によって大きく変わってしまうので、必ずしもそうとは限らない、ということなのです。
ようは、どんな写真をどんなスタイルで撮るかによって、フルサイズの方が有利なのか、フォーサーズ(当然APS-Cも)の方が有利なのかは全然変わってきてしまうのです。

ということで、よく被写界深度を引き合いに出して「フルサイズの方が絵作りで有利」ということがいわれていますが、このように冷静に考えてみると必ずしもあらゆる場面でそれが当てはまるかというとそんなことはなかったりするのです。

で、実際のところはどうなのかというと、私はフィルム(いわゆるフルサイズ)からフォーサーズに切り替えて、別に絵作りがしづらいと感じたことはないですね~…
焦点距離の感覚を掴むのに始めはちょっと戸惑ったこともありましたが…
まあ、フルサイズは被写界深度以外の部分で魅力に感じる部分はありますので、一度使ってみたいとは思いますが、絵作りの面で完全に切り替えるということは考えていないです。

結局のところ、自分が気に入ったカメラとレンズの特性をよく理解して、それにあわせた絵作りをすればいいだけの話で、どちらが有利か不利かというのは考える必要はないのかなあ…というのが私の実感です。

by ki_ex | 2008-01-12 23:47 | 名所・旧跡 | Comments(2)

Commented by kohkyukun at 2008-01-14 00:09
こんばんは。
最近何を撮っても満足いっていない自分がおりまして・・・
>ようは、どんな写真をどんなスタイルで撮るか
このお言葉、とても勇気付けられました。
Commented by ki_ex at 2008-01-14 23:27
>kohkyukunさん
「満足いっていない」の内容が気になりますが…^^
もしそれがカメラ本体に起因するところなら気にする必要はないんじゃないですか?
世の中では何かと優劣つけたがる傾向にありますが、ほとんどがどうでもいいようなことばかりで盛り上がってますからね~…(笑)