日差し

f0121181_23353773.jpg
OLYMPUS E-410 & ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 MACRO



シャッタースピード 1/500
絞り F4.5
撮影モード 絞り優先
露出補正値 -0.3EV
感度 ISO100
焦点距離 50mm(35mm換算100mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


このところ50mmマクロを使うときはバックのボケが汚くなるのを嫌って開け気味で撮ることが多かったのですが、それで何が主題なのかわからないボヤボヤな写真を量産してしまったので、その反省から思い切って絞り込んでみました。(とはいっても4.5ですが…)
ちょっとはシャープになりましたかね…

最近、前日の投稿を引きずる傾向がありますが、今日もその例に漏れず昨日の続きを…

先日の投稿で「E-3のサブになるカメラが欲しい」と申し上げましたが、じゃあそのサブを手に入れたらE-410は手放すのかというとそんなことはなくて、これはこれで使い続けると思います。
当然、E-410の後継機が出れば話は別ですが…

最近の風潮で、カメラはAFが正確且つ迅速でなければいけないとか、AWBは正確じゃなきゃいけないとか、高感度特性は良くなくちゃいけないとか、とかくカメラの機械的な能力ばかりが取りざたされておりますが、ある意味E-410はそんな風潮などどこ吹く風とでも言いたげなカメラです。
欠点もたくさんありますが、その分カメラにせっつかれることなくのんびり撮れますし、たとえ仕上がりが手振れやピンボケでも「E-410だから…」で許せてしまうというか、そんな不思議な魅力があるような気がするのです。

きっとE-3で失敗写真連発だったら「何で?」ってついむきになっちゃうような気がするんですよね~…

これまでもE-410の良さは何度か申し上げてきましたので、読んでいただけた方はもうお腹いっぱいかもしれないですが(笑)、根本的にE-3などのカメラとは別路線というか、一眼レフとレンジファインダーくらい(そこまで行くと大袈裟ですかね…)違うコンセプトなので、E-410を手放す気はないですし、これからもオリンパスにはこういう路線のカメラを作り続けてほしいなあ…などと思うのです。

とかく高性能なカメラばかりが注目を集めておりますが(それはそれである程度は当然とは思うのですが…)、写真を生業としているのならまだしも、趣味で楽しむのだから、性能云々よりも撮っていて楽しいカメラがもっと注目を集めてもいいと思うんですけどね~…

そういえば、アマチュアの中には「あのプロカメラマンがいいと言ったから」とか、「あのプロカメラマンが使っているから」と、やたらとプロを意識する人がいますが、プロとアマでは根本的に求められるものが違いすぎますので、あまりそんなこと考えない方が楽しいのになあ…とも思います。
プロカメラマンはクライアントの要求する写真を確実に提供しなければ生活できませんので(それがいい写真かどうかに関係なく)、カメラを評価する基準も違いますし、機材を選定する基準も違います。

まあ、プロの中でもライターを兼業してるような人の中には、このあたりが理解できていないのでは?と感じてしまうような記事を書く人もいるので、仕方のない傾向ではあると思いますが…

少なくともスペック至上主義はもうお腹いっぱい…って前にもこんな記事書いたような気が…(笑)

by ki_ex | 2008-01-15 00:38 | | Comments(2)

Commented by kohkyukun at 2008-01-15 23:12
こんばんは。
私もホンとに410は別路線に感じます。
何たって片意地張らなくて撮影に挑めそうです。
やばい!欲しいのは欲しいのですが
本当に欲しくなってきちゃいました(笑)
Commented by ki_ex at 2008-01-16 00:17
>kohkyukunさん
お散歩に持ち出すと楽しいですよ~
レンズキットも最近中古で安くなってますし…
是非。(笑)