崩壊

f0121181_21431874.jpg
OLYMPUS E-1 & ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5



シャッタースピード 1/8
絞り F5.6
撮影モード 絞り優先
露出補正値 -1.3EV
感度 ISO100
焦点距離 14mm(35mm換算28mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


またも雪です…
明日こそはチェーン巻いて出勤しないとダメかなあ…
う~む…面倒くさい…

今日は朝から天気も悪く、昼過ぎから雪との予報だったので、一日家にいようかなあ…と思ったのですが、E-1に少しでも慣れたかったので家から程近い埼玉県越生市にある黒山三滝へ。
ちょっとだけ梅を期待したのですが、まだ時期的に早いようです。

午前中いっぱいは撮影できたのですが、予報どおり午後に入ってから雪がちらほら…
それでもちょっとの間は撮影を続行していたのですが、降りも強くなってきたのでちょっと消化不良な状態で引き上げてきました。
でも、ちょっとだけE-1の癖もわかってきたような気がします。

今日気が付いたことなのですが、画素数が少ないのが功を奏しているのか、SILKYPIXのノイズリダクションとの相性がいいのか、E-300に比べると高感度特性が良いように感じます。
E-300だとISO400を使うと派手にノイズが乗るのですが、E-1ではほとんど感じられず、これなら常用できるかもしれません。
ほとんど期待していなかっただけに、うれしい誤算です。

ちょっと問題なのはAFの精度。
決まるときはばっちり決まるのですが、結構な頻度で派手に外すことも。
フォーサーズ機の中では比較的ピントの山をつかみやすいファインダーですので、ちゃんと注意していれば外していることが判るのでいいのですが、ちょっと気を抜くとボケボケな時が…
オリンパス初の本格的なAF一眼ですので、致し方ない部分ではありますが、撮影時には注意が必要です。

ファインダーについては、さすがにかつてのフラッグシップ機だけに、フォーサーズの中ではいいほうではないでしょうか。
ただ、ファインダースクリーンの違いなのか、どちらかというとE-300の方がピントの山は掴みやすかったように感じます。

操作性については、やっぱり使いづらいですね~
慣れるのにはちょっと時間がかかりそうです。
今日、買い物ついでにニコンのD300いじってきたのですが、どこか共通する使いづらさを感じます。
おそらく私が過去にニコンユーザーであったなら、このあたりの評価は変わっていたと思うのですが…

ということで、まだまだ使いこなせていないので、しばらくは重点的にE-1を持ち出すことになりそうです。
今度、E-1だけで撮影に臨むのも面白いかも…

by ki_ex | 2008-02-09 23:16 | スナップ | Comments(0)