静寂

f0121181_2341091.jpg
OLYMPUS E-410 & ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO



シャッタースピード 1/160
絞り F3.5
撮影モード 絞り優先
露出補正値 -0.7EV
感度 ISO100
焦点距離 35mm(35mm換算70mm)
測光方式 評価測光
記録方式 RAW
現像処理 SILKYPIX Developer Studio 3.0
WEB最適化処理 Photoshop Elements 6.0


今朝撮影したカットです。
35マクロはコストパフォーマンスに優れたレンズであることは今までにもお伝えしてきましたが、こと逆光耐性については値段なりの性能です。
なので、このようなカットではレンズになるべく直射光が入らないように注意しないと派手にフレアが発生します。
それはそれで面白かったりするんですけどね…

私が「カメラが家電化している」と感じる要因のひとつに、カメラやレンズのこうした欠点に対して許容できないユーザーが増えているような気がする、ということがあります。
まあ、これはネットの掲示板等に書き込むような人だけがそんな傾向があるだけなのかもしれないですが…
昔はこうした欠点を逆に楽しむ人が多かったように思いますし、それを腕と愛情で克服していい作品に仕上げることに喜びを感じていたような気がするんですよね~

大体にして、もし本当に非の打ち所の無い、誰が使ってもいい写真が撮れるカメラができたとしたら、そんなカメラで撮影していて面白いのかなあ…
確かに自分の撮影スタイルに合うかどうか、というのはありますが、「ここがダメだからこれはダメなカメラだ」と結論付けてしまうような最近の傾向は疑問を感じます。

それと、最近の傾向として、カメラのレビューを書くプロのライターさんの中に、あまりにも自分の主観で記事を書く人が多いこともちょっと驚きです。
「なぜこんな風にしたのか理解できない」とか、「ここはぜひともこんな風に改善して欲しいところだ」なんていう文面を読むと、私には全然同意できないことが多いんですよね~
この間は「E-3の電源スイッチの位置がおかしい、使いづらい」という記事を書いていた方がいらっしゃいましたが、一般的な使い方でそんなしょっちゅう電源スイッチをオン、オフする人なんて少ないような気がするし、よしんばそういう人が多かったとしても電源スイッチの使い勝手なんてわざわざレポートしなくたって購入しようとする人が店頭で実機を触ってみれば自分にとって使いやすいかどうかなんてすぐわかることなんだから、そんな極々個人的なことをパブリックな場で力説するなよ…と思ってしまうのです。
おかげで最近はそうしたライターさんがニコンメインで育った人か、キヤノンメインで育った人かがなんとなくわかるようになってきました。

基本的にメーカーが違えばカメラに対する思想も違う。
だからこそカメラは他の家電製品と違う面白さがあると思うのですが…そういう面白さを伝えてくれるライターさんがめっきり少なくなったような気がするのですよね~…

正直言うと私にとってはニコンのカメラは使いづらいことこの上ないです。
ピントリングの回転方向逆ですし…
だからといってニコンのカメラがダメだと思っているかというと全然そんなことは無くて、使いづらいながらも面白そうだなあ…と密かにどうやって手に入れようか狙っていたりします。(笑)
あくまでもニコンのカメラが使いづらいというのは、私の極々個人的な見解であって、それがカメラの良し悪しではないですから。

確かにレビュアーの個人的見解も情報として伝える必要はあると思いますが、そんな情報はさらりと流して、「このカメラならこんな使い方ができますよ~」とか、「こんな写真が撮れますよ~」とか、ちょっと店頭で触っただけでは判らないような、わくわくするような情報を伝えることに注力して欲しいものです。
最近、そのあたりの力の入り具合が逆転しているような気がします。

by ki_ex | 2008-02-19 01:08 | 自然 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://kiphotolog.exblog.jp/tb/7505042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by warioman at 2008-02-19 02:21
はじめまして。拝見させて頂いております。
今日の写真やられました。私には絶対に撮れないなと。
実は文章が長いブログは苦手だったりするので不思議なのですが
写真だけでなく文章も楽しみにしています。今後とも拝見させて頂きます!
Commented by kohkyukun at 2008-02-20 00:07
こんばんは。
私も同感ですよ~
実は私の24-105が結構逆光に弱いんですけど
まったく気にはなりません。
そんなことよりも今は撮ることの楽しさの方が上回っておりますので^^v
Commented by ikasama-photo at 2008-02-20 00:30
私は、キットレンズでどうやってゴーストフレアを消すか、苦労しています(笑)
α100のキットレンズ、コストパフォーマンスはいいとは思うのですが。
Commented by ki_ex at 2008-02-20 01:37
>wariomanさん
お越しいただきありがとうございます。^^
いつもだらだらと長文書き連ねておりますが、今後ともお付き合いいただければ幸いです。

お子様の写真、拝見させていただきました。
これこそ私には撮れない写真ですね~(笑)
お子様への愛情が感じられてほのぼのとしてしまいました。

私も度々寄らせていただきますので、よろしくお願いします。
Commented by ki_ex at 2008-02-20 01:47
>kohkyukunさん
24-105が逆光に弱いというのはちょっと意外でした。
もっとも、前玉が大きな広角寄りのレンズだと確かにきついんですよね…
ちなみに、私がこの間まで使っていた7-14も前玉が大きく張り出しているため、ハレ切りしないとゴーストが盛大に出てました。
下敷きぐらいの大きさのハレ切り板があればベストなのですが、無ければ手のひらをレンズと太陽の間にかざして、ゴーストが消えて且つ画面内に手のひらが入らないポイントを探して、右手一本でカメラを持ちながらシャッターを切る…ということをやるのですが、はたから見てると何かの儀式かと勘違いされるので、周りを確認してからやったほうがいいかもしれないですね。(笑)
Commented by ki_ex at 2008-02-20 01:59
>ikasama-photoさん
キットレンズはコーティングの関係もあると思うのですが、たいていの場合フードが小さいので、確かにきついかもしれないですね…
一番売れるレンズだけに低コストでも力の入っているものが多いので、逆光でなければ写りのいいレンズが多いとは思うのですが…
これはもうツァイスを手に入れるしか…(笑)